2019年4月12日 (金)

日本100名城・北陸三城スタンプラリー

「日本100名城に行こう」公式スタンプ帳を持参して今回の「北陸三県桜良いとこどり三日間」のパッケージツアーに参加して、昨年の北海道旅で①根室半島チャシ跡群②五稜郭③松前城から開始した日本100名城のスタンプを追加してきました。今回の旅で北陸の高岡城・一乗谷城・金沢城の三城のスタンプを収集してきました。今年で二年目のスタンプは19名城になりましたが野鳥撮影や観光・温泉旅行のついでに100名城への旅は数年かかるものと思われます。

Img0011

高岡城の公式スタンプ
Img0051
富山県高岡市

_dsc80171

高岡古城公園
_dsc80161

高岡城址
_dsc79950

前田利長
_dsc80071
_dsc80051
高岡城址石垣
_dsc80120

キリシタン大名で築城の名手、高山右近が縄張り(設計)したと言われる
_dsc8018_1

高山城水濠の桜
_dsc8027
高山城址公園の高山地方で活躍したSLの保存 CⅠⅠ217号機 

Img0031
一乗谷城公式スタンプ
Img0061
福井県福井市
Img0012_1

絵葉書の義景館跡全景
Img0104_1

御朱印
_dsc81200_1
 
豊臣秀吉が寄進したと伝わる義景館唐門
_dsc80770_1
復元した町並み
_dsc80930
復元武家屋敷門
_dsc80981

 復元した武家屋敷の内部
_dsc81321
_dsc8133

_dsc8135

一乗谷朝倉館跡庭園
Img0021_1
金沢城公式スタンプ
Img0041
石川県金沢市
Img0090_1
絵葉書の石川門
Img0072
絵葉書の庭文化園と五十間長屋
_dsc8227
石川門枡形の石垣

_dsc8228_1
_dsc8245
_dsc8248_1
五十間長屋の石垣
_dsc8261
_dsc8271

_dsc8283_1

三十間長屋
_dsc8285

鉄門跡の石垣

 

2018年10月27日 (土)

静岡県の日本100名城探訪

 東海への一週間の旅が十日間も過ぎてしまったが近頃は過去ブログを真面目に書いていないと自覚する日々を過ごしている。根気・やる気・書く気の三気がないようだ。山気が薄れたようだ。
四日前にブログにUPした愛知県の日本100名城の帰路は静岡県の日本100名城のスタンプ・ラリーでした。静岡県に入って最初の城は十数年前に野鳥撮影を始めた頃にNHKの大河ドラマになった、司馬遼太郎の歴史小説の「功名が辻」の主人公、山内一豊と出世の手助けをした妻千代の内助の功の掛川城。
織田信長に仕えていた時に信長が武将たちを集めての馬揃えを開催、一豊は千代の持っていた黄金十両で名馬を購入して馬揃えに参加し、これが信長の目にとまる出世の糸口になる内助の功の逸話がある。信長没後は秀吉に付いた。
豊臣秀吉から小田原の北条攻めの戦功にて掛川城5万石を拝領した。
秀吉の没後は掛川5万石の城主として東軍の徳川家康に近づき関ヶ原の戦功が認められ、家康から土佐藩24万石の大名まで上り詰めた戦国武将。
信長・秀吉・家康の時の覇者に仕えて出世した。

Img00803

木造で復元した日本100名城の掛川城

_dsc34840

丘の上に建つ平成五年本格木造復元した掛川城天守閣、小さな割には望楼型の天守は威容に見える。

_dsc34932

城内に展示してある掛川城天守閣

_dsc34880

東西には張り出し部が設けられた複合式望楼型3重4階建て。△◇○などの挾間の壁の階段を上り掛川城に登城する

_dsc34941

入口近くに展示してある山内一豊の騎乗姿

_dsc34980

天守閣より見た登って来た石段

_dsc34991

天守から見た復元した御殿

_dsc35570

御殿の内部・広間・御談の間・三の間など

_dsc3533

家康から関ヶ原戦の功績により土佐一国24万石を拝領した山内一豊が,慶長6年(1601年)高知城の築城工事を始め、三層六階の天守閣や追手門などの建物は国の重要文化財となっています。掛川城はこの高知城を参考にして再建している。

Img00802

徳川家康が大御所時代の居城、家康の死後に天守は火災で焼失、以後は天守は再建されていない。
10月17日に秀吉の武将であった中村一氏が城主時代の天守台と金箔瓦の新発見のニュースが発表された日に駿府城のスタンプ・ラリーをしていた。自分的には歴史的再発見日となった。

_dsc36620

東御門橋と東御門

_dsc36680

巽櫓(たつみやぐら)と東御門(ひがしごもん)

_dsc36210

坤櫓(ひつじさるやぐら)二の丸の南西の角の櫓

_dsc36340

駿府城本丸跡に建つ徳川家康像、像の後ろは天守台発掘現場

_dsc37051

_dsc37190

秀吉時代と徳川時代の二つの天守台跡の発掘現場

_dsc3723

家康の天守台発掘現場の石垣

_dsc37150

手前の石垣は家康の天守台、右奥に見える石垣は秀吉の天守台の発掘現場

Img00801

小田原城に構える関東の雄、北条氏政・氏直父子が秀吉に対抗して箱根山中に築いた山中城。 秀吉は小田原城を攻める前に山中城に圧倒的戦力で攻め入った豊臣軍だが、すべりやすい関東ローム層で造られた山城の掘の畝堀・障子堀に手間取ったが山中城を落城させる。

Img0161

_dsc37341

_dsc37711

_dsc37621

障子堀跡

_dsc37660

畝堀跡

_dsc37911

山中城に圧倒的戦力で攻め入った豊臣軍はついに山中城を落城させる。
 その後秀吉軍は北条氏が籠城する小田原城へと歩を進めた。

Img0111

神奈川県唯一の日本100名城に登録、小田原城の出城であった箱根山中の山中城の次にこの小田原城のスタンプ・ラリー

小田原城は、戦国時代から江戸時代にかけて、関東一円を支配した戦国大名、北条氏が本拠地としていたお城です。城郭の規模は、我が国最大難攻不落の名城としても知られています。

いよいよ天下統一を目前にした秀吉は1590年、小田原城に構える関東の雄、北条氏政・氏直父子を討つべく大軍を発した。当初秀吉は北条氏に対し、武力に寄らず臣従させようとしたが、氏政はこれを無視。さらに秀吉の領地裁定をも無視したため、秀吉は激怒。北条氏に宣戦布告したのである。
 

_dsc38301

1960年に再建され、2016年5月にリニューアルされた復興した天守閣

_dsc38101

_dsc38361

天守登城口 戦国時代、関東を支配した小田原北条氏の本拠地。秀吉の来襲に備えて城下を囲み、日本最大の中世城郭を作りあげた

_dsc3803

馬山門(うまだしもん)

_dsc38530

銅門手前の住吉橋

_dsc38180

銅門(あかがねもん)

_dsc38470

天守閣正面の常盤木門

_dsc3856

二の丸隅櫓

15世紀末、伊勢宗瑞(後の北条早雲)が小田原に進出し、以後、北条氏が5代約100年にわたって関東での勢力を拡大していきました。小田原城は、関東支配の中心拠点として整備拡張され、豊臣秀吉の来攻に備え城下を囲む総延長9kmに及ぶ総構の出現に至ってその規模は最大に達しました。
北条軍5万6千余に対し、豊臣軍は14万弱の大軍で小田原城を取り囲み、海上まで完全に封鎖した。秀吉の「石垣山一夜城」の完成など、豊臣軍の攻勢に万策尽きた北条氏は3カ月後に抵抗を断念し開城。氏政とその弟氏照は自刃し、ここに5代百年に渡り関東を支配し続けた北条氏は滅亡した。 天正18年(1590)、秀吉の小田原攻めにより北条氏は滅亡し、戦国時代が終焉を迎えました。

※出典は入城した掛川城・駿府城・山中城・小田原城の各パンフレットやHPより編集・転載しております。

2018年10月23日 (火)

愛知県の日本100名城

 北海道遠征中に日本城郭協会が100名城に認定した北海道の三城(根室半島チャシ跡群・五稜郭・松前城)の3城を皮切りに、100名城スタンプ・ラリーを「人生百歳時代」に歴史を学ぶ、生涯学習の課題の一つとして、日本100名城スタンプラリーを始めました。
鷹の渡りの撮影で訪れた愛知県には日本城郭協会が認定した日本100名城は、国宝の犬山城・名古屋城・岡崎城・長篠城の四城があります。
14日15日の二日間これらの四名城を巡り、
日本100名城のスタンプ・ラリーを行ってきた。今年から始めた100名城スタンプ・ラリーは7月の北海道では三城、お盆休みの八月に東北の五名城を登城してきたのでこれで100名城スタンプ・ラリーは十二名城を登城したことになるが殆どの城は現役時代から今日まで一度は観光や城巡りで訪れたことがある。100名城スタンプ・ラリーで二度目、三度目の思い出もある歴史を学ぶお城めぐりでもあります。

Img0095

”日本100名城に行こう”スタンプ・ラリー帳のスタンプ

_dsc33071
犬山城にある犬山城の城主などの歴史

_dsc33061

国宝の犬山城、現存する12天守閣のひとつ

_dsc32461

織田信長の叔父信康が天文6年(1537年)、木曽川沿いの丘陵上に築城したのが始まり。城主はめまぐるしく交代し、元和3年(1617年)、尾張徳川家の付家老の成瀬氏が城主になった。天守閣にある初代と二代目の額、江戸時代から現在の11代目までの成瀬家城主の額が飾られていた。

_dsc32410

天守閣から東方向、橋はツインブリッジ犬山橋、右岸奥に鵜飼乗船場

_dsc32280

西方向に見えるライン大橋

_dsc32221

別名 白帝城の犬山城は三層四階、天守台の石垣は野面積

Img0096

名古屋城は、織田信長誕生の城とされる今川氏・織田氏の那古野城(なごやじょう)の跡周辺に、徳川家康が九男義直のために天下普請によって築城したとされる。以降は徳川御三家の一つでもある尾張徳川家17代の居城として明治まで利用された。昭和20年5月の空襲後に昭和34年コンクリートで復元された現在の名古屋城。

_dsc33371

  名古屋城(なごやじょう)は、尾張国愛知郡名古屋(現在の愛知県名古屋市中区・北区)にあった日本の城。「名城(めいじょう)」、「金鯱城(きんこじょう、きんしゃちじょう)」、「金城(きんじょう)」の異名を持つ。日本100名城に選定されており、国の特別史跡に指定されている。

_dsc33360

今年復元された本丸御殿の玄関、名古屋城天守閣も木造に復元する

_dsc33751

_dsc33510

天守閣木造復元事業に伴う調査及び工事により、名古屋城天守閣は平成30年5月7日(月)から入場禁止(閉館)石垣の周囲全面に足場が構築されている。(2018年10月14日撮影)

_dsc33681

天守閣と東南隅櫓関ヶ原の合戦で勝利をおさめた徳川家康が大阪の豊臣秀頼との衝突に備えて普請した城。加藤清正が築いた石垣は必見。徳川御三家のひとつ、尾張徳川家の居城。

_dsc33621

名古屋城といえば金の鯱、複製の展示コーナー

Img0097

岡崎城は徳川家康が生まれた城として有名です。
1959年には天守が
3層5階建てに復興され、2006年には日本100名城に選定されました。

_dsc33851

「桶狭間の戦い」で今川義元が敗死した際に家康(当時は松平元康)が今川氏から独立した城でもあります。江戸時代には家康誕生の城として重要視され、譜代大名が歴代の城主を務めています

_dsc33921

_dsc33981

_dsc34091

_dsc34172

戦後の1959年にコンクリート造りで復興された天守閣

_dsc34221

岡崎には現役時代にここに会社の岡崎製作所があるので訪れたことを思い出した岡崎公園の一画にある復興した城郭でした。

Img0105

100名城とはいえ長篠城址には天守閣などの構築物はない

_dsc34520

本丸跡などの土塁と空堀などのみである

_dsc34481

Img0132

復元された構築物もない

_dsc34670

あるのは長篠城址史跡保存館のみである

_dsc34251

保存館には長篠の戦いの史跡などの保存品が展示されている

Img0123

歴代長篠城主の変遷
長篠城は、豊川と宇連川が合流する断崖上にあり、本丸、帯郭、野牛郭、巴城郭、瓢郭、弾正郭等があります。  戦国時代末期の城であるため、現在、建物は残っておりませんが、一部残っている内堀と土塁が城の東側を守り、後方は合流する2つの川が堀として巧みに利用されている様子から、ここが天然の害であったことがわかります。 長篠城は、永正5年(1508)、菅沼元成が築城し、天正3年(1575)、徳川家康が奥平貞昌(信昌)を城主に任命し、城を守らせました。 もとよりこの城は、愛知県から長野県、静岡県北部、さらに山梨県へ通じる道中にあり、戦国時代、武田と徳川が拠点として奪いあった城でした。(新城市HPより)

Img0133Img0124

保存館には烈士 鳥居強右衛門の磔の史実と籠城時の血染めの陣太鼓などが見学者の目を引いている。

2018年10月18日 (木)

駿府城跡天守台に新たな発見

 今年は鷹の渡りの時期に台風21~25号の来襲で白樺峠と渥美半島の鷹の渡りの最盛期を逸してしまった。北海道から帰浜してから80日ぶりに10月9日から渥美半島の伊良湖崎・恋路ヶ浜や渥美の森へ、鷹の渡りの撮影に出掛けたがサシバ・ハチクマの渡る最盛期は残念ながら月初に過ぎていた。
伊良湖シーサイドゴルフ倶楽部の入口前に芭蕉の句碑があります。「鷹ひとつ 見つけてうれし いらご崎」
今年は近くを渡るサシバ・ハチクマの写真が撮れなかったので、この芭蕉翁の句意が分かるような気持ちになりました。

Aが駄目ならBがある ”鷹が駄目なら城がある”
愛知県には日本100名城がある、国宝の犬山城・名古屋城・岡崎城・長篠城の四城、帰路の静岡県には掛川城・駿府城・山中城の三城がある。因みに神奈川県の100名城は小田原城のみである。14日から17日までこれらの八城を巡り、日本100名城のスタンプラリーでタカのうっ憤を晴らして来た。 Bが駄目ならCがある。Cは大井川鉄道のSL。今回はAのうっ憤をBではらしたのでCはまたの機会になった。

ところが17日朝のNHK静岡第一の朝のニュ―スで16日に訪問した徳川家康大御所時代の居城である駿府城の駿府城跡天守台発掘調査で秀吉時代の天守台が発見されたニュースを聞いて、再度の駿府城訪問となった。
撮影日10月17日

_dsc37001

駿府城東御門・巽櫓(たつみやぐら)、後方は静岡県庁別館展望台(21階)

_dsc36731_2
県庁別館21階展望ロビーから撮影した駿府城天守台発掘調査現場

_dsc36901_2

”おまけ”展望ロビーからの富士山と傘雲

Img00612_2

駿府城公園案内図より

_dsc37190

発掘現場の見学はOKでした 

_dsc37150_2

家康の天守台跡(一部)

_dsc37290

新発見された秀吉の天守台跡と思われる石垣、後方の銅像は家康像の背中

_dsc36320

鷹狩姿の徳川家康、後方は天守台発掘現場の囲いと覗き窓

10月17日の朝日新聞デジタルの記事を転載

徳川家康(1542~1616)が築いた駿府城(静岡市葵区)に、豊臣秀吉(1536~98)が配下に築かせた城跡が見つかったと、発掘調査を進めていた静岡市が16日、発表した。約330点の金箔(きんぱく)瓦や野面積みの天守台の石垣から、豊臣期の城の特徴に間違いないという 

 市によると、6~7月、現在の駿府城趾(じょうし)の天守台付近から、金箔で装飾された大量の瓦が出土。さらに8月ごろには、天守台の南東角に重なるようにして、家康の駿府城とは異なる形状の石垣(南北約37メートル×東西約33メートル)が見つかった。石垣は自然石を積み上げた野面積みの技術を用いており、金箔瓦を作る技術も豊臣期の特徴を示しているという。 

 駿府城は、1585~89年に家康が築城。90年の関東移封で家康が江戸に移った後、豊臣方の武将中村一氏(なかむらかずうじ)が入城した。秀吉の死去後、関ケ原の合戦を経て、再び家康が駿府城に入り、1607年から大改修を行ったとされる。戦国時代は城を攻め取った後、我流の城に建て替えるのが一般的だったが、一氏時代の駿府城については詳細が明らかでなく、「幻の城」とされていた。 

駿府城跡天守台発掘調査の資料とHPより 

~金箔瓦と"秀吉が築かせた天守台"が出土~ 

 天守台の発掘調査で新たな発見がありました。 見つかったのは、金箔で装飾された瓦(金箔瓦)330点と、徳川家康の駿府城とは異なる形状の石垣=秀吉が築かせた天守台=(大きさ:南北約37m×東西約33m)の2つです。 

 専門家の先生にお聞きした結果、今回発見されたのは、天正18年(1590)に、豊臣秀吉が、子飼いの部下である中村 一氏(なかむら かずうじ)という武将に築かせた城であることが分かりました。 

 当時、この城の天守台の上には、金箔瓦を使用した豪華絢爛な天守が建っていたと考えられます。

キャプチャ.JPG

新発見 ①大量の金箔瓦(330点が出土)

IMG_3042.JPG

新発見 ②秀吉の天守台(南北約37m×東西約33m)

天正の石垣.JPG

Img00701

静岡市歴史文化課 資料vol. 3 より転載

歴史好き・城好きにはたまらないニュースでタカの渡りの不満を解消したがこの間のブログを十日間お休みしてしまった。

日本100名城巡りのスタンプラリーは別の機会に掲載します。

その他のカテゴリー

アオアシシギ アオゲラ アオサギ アオシギ アオハライソヒヨドリ アオバズク アオバト アカアシカツオドリ アカオネッタイチョウ アカガシラサギ アカゲラ アカショウビン アカハラ アカヒゲ アトリ アナドリ アマサギ アメリカウズラシギ アメリカコガモ アメリカヒドリ アリスイ イカル イソヒヨドリ イヌワシ イワツバメ ウグイス ウスハイイロチュウヒ ウソ ウトウ ウミスズメ ウミネコ エゾビタキ エゾフクロウ エゾライチョウ エナガ エリマキシギ オオアカゲラ オオクイナ オオコノハズク オオジュリン オオソリハシシギ オオタカ オオハクチョウ オオハム オオヒシクイ オオマシコ オオメダイチドリ オオヨシキリ オオルリ オオワシ オガワコマドリ オグロシギ オサハシブトガラス オシドリ オジロビタキ オジロワシ オナガミズナギドリ オバシギ カケス カササギ カシラダカ カツオドリ カラスバト カラフトワシ カワガラス カワセミ カワラヒワ カンムリワシ キクイタダキ キセキレイ キビタキ キマユツメナガセキレイ キョウジョシギ キリアイ キレンジャク キンバト ギンザンマシコ クイナ クビワキンクロ クマゲラ クマタカ クロガモ クロサギ クロツグミ クロツラヘラサギ クロトウゾクカモメ ケイマフリ ケリ コアオアシシギ コアカゲラ コイカル コウライアイサ コオリガモ コガラ コゲラ コサメビタキ コチョウゲンボウ コハクチョウ コブハクチョウ コマドリ コミミズク コムクドリ コヨシキリ コルリ ゴイサギ ゴジュウカラ サシバ サンコウチョウ シジュウカラ シノリガモ シベリアオオハシシギ シマアオジ シマアジ シマゴマ シマノジコ シマフクロウ シロガシラ シロハラ シロハラクイナ シロハラホオジロ ジョウビタキ ズアカアオバト ズグロカモメ ズグロミゾゴイ セイタカシギ センダイムシクイ ソウシチョウ タカブシギ タシギ タマシギ タンチョウ ダイシャクシギ チゴハヤブサ チョウゲンボウ ツクシガモ ツツドリ ツバメ ツバメチドリ ツミ ツメナガセキレイ ツルシギ ツンドラハヤブサ トウネン トラツグミ トラフズク ナベツル ノグチゲラ ノゴマ ノスリ ノハラツグミ ノビタキ ハイイロチュウヒ ハイタカ ハギマシコ ハクガン ハシナガウグイス ハチクマ ハチジョウツグミ ハヤブサ バン ヒクイナ ヒドリガモ ヒバリシギ ヒメハマシギ ヒレンジャク ビンズイ フクロウ ベニバト ベニマシコ ホウロクシギ ホオジロ ホオジロカンムリツル ホシガラス マガモ♀ マガン マナヅル マヒワ マミジロ マミチャジナイ ミサゴ ミソサザイ ミゾゴイ ミフウズラ ミヤコドリ ミヤマホオジロ ミユビシギ ムギマキ ムクドリ ムジセッカ ムナグロ ムラサキサギ メグロ メジロ メボソムシクイ モズ ヤツガシラ ヤマガラ ヤマゲラ ヤマシギ ヤマセミ ヤンバルクイナ ヨーロッパトウネン リキュウキュウコノハズク リキュウサンショウクイ リュウキュウアカショウビン リュウキュウサンコウチョウ リュウキュウヨシゴイ ルリカケス ルリビタキ 旅と観光 日本100名城 温泉 観光 趣味 趣味の鉄道 野鳥 鉄道

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ