« 野鳥放浪記6日目(6月9日) | トップページ | 6月10日霧多布(7日目) »

2006年6月30日 (金)

6月9日塘路湖のベニマシコ

0669_026s  釧路湿原鶴居村から1052号線を霧多布湿原に移動中お昼になったので、塘路駅の側で国道391号線に出る手前の踏み切りの脇にある駐車スペースに車を止めたところ、草むらから赤い鳥が逃げ出したので、車の中にカメラをセットして待つ事30分でくだんの鳥が戻って来た、ベニマシコである草むらで草の茎?を食べてから、今度はワタスゲを食べだした、口に咥えた様子は紋次郎バリの咥え方であった

0669_030s

昨年秋に八王子の多摩川河原で写したベニマシコはセイタカアワダチソウの実を嘴のまわりに付けて食べていたが、地面の花を食べるのは初めてであり、しかも車の中からは至近の距離での撮影となった。直ぐ側にはJR釧網本線が走り、しかも踏み切りの脇である。あらためて北海道の自然の奥深さを感じた。この分では花の実があるところには全て鳥がいると思われる。

0669_033s

あとで霧多布湿原で撮影したワタスゲと現場のJRの踏み切りである。時々通過する電車はいつも一両連結で都会にいる者には寂しく、物珍しい光景であったが、このような場所で自然を満喫できたし、ベニマシコが思い切り撮れた。北海道ありがとう!!!

066423_146 066423_077

|

« 野鳥放浪記6日目(6月9日) | トップページ | 6月10日霧多布(7日目) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179798/10733684

この記事へのトラックバック一覧です: 6月9日塘路湖のベニマシコ:

« 野鳥放浪記6日目(6月9日) | トップページ | 6月10日霧多布(7日目) »