« カワセミの飛び込み | トップページ | アマサギ »

2006年8月26日 (土)

田園の野鳥風景

旧盆も終わった平塚市の田園風景の一部です、遠くに新幹線が時折通過します。耕運機で耕した直後の畑、周囲は稲穂が実を付け出した田圃です。ここで朝6時から10時半まで、車の中で畑を注視していました。06825_012s

7時24分にツバメチドリがどかからともなく、この畑に休息に飛んできた。

ハクセキレがツバメチドリの側に飛んできたが仲良く休んでいた

06825_110s 06825_024s

時折羽を広げると白い尾羽が見える

06825_191s

田圃の畝にいるケリとのツーショット、淡い橙色の胸が見える

06825_253s

カルガモの親子7羽が目の前を通過して田圃に入っていった。

06825_288s

思い切り喉やお腹を膨らませると羽もふくらみ大きく見える、時折見せる動作ですが、この習性がよく分かりませんが、観察していると20,30分に一度見られました。

|

« カワセミの飛び込み | トップページ | アマサギ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
近場の田畑でもカメラを根気く眺めれば野鳥が
見られるのですね。
小鳥が羽を立ててふくらんでいる状態はどこか
体の具合が悪い時があるようです。
小鳥も人間と同じようにカゼをひきますし、お腹も壊します。
病気持ちでなければ良いのですが。

投稿: フーさん | 2006年8月26日 (土) 06:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179798/11604042

この記事へのトラックバック一覧です: 田園の野鳥風景:

« カワセミの飛び込み | トップページ | アマサギ »