« アマサギ | トップページ | 撮り直しのカワラヒワ »

2006年8月28日 (月)

カワラヒワ

昨年の夏は相模川の川原で群れでイネ科の草の実をついばんでいるカワラヒワを追いかけていた。ヒマワリの花が終わるころには太い嘴で種をついばむ姿がよく見られると野鳥図鑑にあったが、平塚市のアマサギのいた田圃の先に、鳥友から民家の空き地のヒマワリにカワラヒワが来ると情報をいただき撮りに行った。咲き終わったミニヒマワリの種をついばむカワラヒワです。06826_012s

06826_199s

花は太陽を向いているサンフラワーも種が実って重くなるにしたがい下向きになるので、カワラヒワも簡単にはヒマワリの種がついばめないのである。

06826_196s

そのためにヒマワリの種をついばむカワラヒワのいろいろな飛翔が見られるが面白い。

06826_201s

カワラヒワの羽が広がり、一瞬ヒマワリが咲いたと錯覚する瞬間もある。

06826_203s

|

« アマサギ | トップページ | 撮り直しのカワラヒワ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
この鳥は種子食で『キリキリ・・』と鳴く声は
カナリヤと同じ仲間のようです。
向日葵の種は人間が食べても美味しいです。

投稿: フーさん | 2006年8月28日 (月) 06:09

本日平塚に行ってきましたが、ケリはいませんでした。遅かったようです。カワラヒワも近くのようですね。ケンさん大活躍ですね。

投稿: kychigasaki | 2006年8月28日 (月) 23:01

昨日は小6孫の夏休みの宿題(○○博士)で彼の写真博士を完成させる為に、連れて行き比較的写真の撮りやすい、カワラヒワの所(高砂信号を過ぎた、田圃の中にある山田工務店前の田圃の中にあるヒマワリ)で撮影しました。昨日はいつも居る場所にはツバメチドリやケリなどは見かけませんでした。

投稿: ken3 | 2006年8月29日 (火) 08:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179798/11633198

この記事へのトラックバック一覧です: カワラヒワ:

« アマサギ | トップページ | 撮り直しのカワラヒワ »