« ツミの若兄弟 | トップページ | オガワコマドリ(今年の珍鳥No.1) »

2006年8月16日 (水)

ツミ若の水浴び

06815_148s_1

終戦記念日の今日は三鷹市の街宣カーが正午からの黙祷を呼びかけていたので、正午の時報と伴に約15名の中年カメラマンは全員がその場で黙祷を捧げた、日本人の常識と大和魂はここでも生きていると感じた。

水色のベンチが水溜りに映える中、大若が先に入り小若が後から水に入った。06815_169s_1 体が大きい方が大若と呼ばせてもらうことにした、当然小さい方が小若である。

先に水浴びしたのは小若である、大若は後ろで小若をガードするかのように水浴びを見守っていたが、小若は頭部は水中に入れたがジャブ・ジャブと水と戯れた程度。ベンチの形が崩れて水溜りの色が水色と錯覚する場面でもある。

06815_189s_1

小若は先に水浴びを上がる時間にしてここまで約2分間の行水もどき。06815_288s_1

残された大若は思い切り頭部を水中に入れる

06815_290s_1 そしてさっぱりしたような顔を水中から上げる、この動作を二回繰り返して、水に入ってから約6分後に上がり、先にあがった小若とともに側のフエンスの上で羽広げて羽干を始めた。

|

« ツミの若兄弟 | トップページ | オガワコマドリ(今年の珍鳥No.1) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

2羽の水浴びゲット!おめでとうございます。
水色にツミは良いですね。
戦争を知らない私ですが
終戦記念日は戦争について考える良い日だと思っています。

投稿: musamatsu | 2006年8月16日 (水) 05:06

musamatuさん的確なコメントいつもありがとうございます、満州で戦争体験者(終戦時は5歳でした)として、戦争のない平和の時代がいつまでも継続すする事を祈念しています。

投稿: ken3 | 2006年8月16日 (水) 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179798/11451354

この記事へのトラックバック一覧です: ツミ若の水浴び:

« ツミの若兄弟 | トップページ | オガワコマドリ(今年の珍鳥No.1) »