« ノゴマ | トップページ | 電柱のハヤブサ »

2006年10月28日 (土)

雌雄のカワセミ

061028_020s 地元の菊名池に久しぶりに行ったが、繁殖期ではないこの時期にしては雌雄が珍しく、石積みの上や、木の枝の同じ場所に並んでとまるが、♂が捕った獲物を♀がネダル光景が石の上で見られたが、♂はクチボソを咥えて逃げてしまう。こんな場面を見たので、その後に木の上で並んで止まったが、求愛給餌ではなく、むしろ餌捕り場所の争いの場面に遭遇した。061028_037

最初に♂が止まり木に来たところに、♀が飛んできての場所争い?061028_039s 双方が大きな口を開けて争いの開始、どっちが大きい、当然♀の方が大きい?

最初は♀が優勢061028_045s であった

061028_048s

あんたどきなよ!(061028_060s 繁殖期ならば、愛の証をチョウダイ!だろう)

繁殖期ではないので、♂の反撃開始、♀の嘴を挟み投げの始まり061028_061s 、♀は必死に止まり木を足の爪で掴むが♀の方がやはり非力が悲劇

右にウッチャリ061028_062s を食らう

♀のギブアップ、下を向いて私負けたわよ

♀の遁走(遁061028_063s 飛)

061028_064s ♂の勝利の羽ばたきだが、この後に餌の飛び込みはをして、池の後ろのサクラの木に行ってしまった。♂はこの枝にその後何回も来たが♀は二度と来なかったが、この時期にしては珍しい光景を楽しませて貰った

« ノゴマ | トップページ | 電柱のハヤブサ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
カワセミの貴重なペアもの、ありがとうございます。
本当に綺麗です。和みますわ!

良い写真撮りましたね。
こう言うシーンは未見です。
また見せて下さいね。

おもしろいですね。
コメントをよんでいて
様子がわかりました。

仙台は抜けていました、メール不通なので、ここに
返信させて貰います

我が家のPC,メールご機嫌斜めで失礼しています。
地元での撮影、昨年のお四季の森の3番子の時の事を思い出しながら見させて頂いています。
珍鳥も良いのですが、地元で見慣れた鳥を物語風にまとめられた作品、素晴らしいです。
どの作品も、バック良し、カワセミのコバルトブルーの発色が映え、見ごたえがあります。
久しぶりに、カワセミ撮りたくなりました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179798/12466148

この記事へのトラックバック一覧です: 雌雄のカワセミ:

« ノゴマ | トップページ | 電柱のハヤブサ »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ