« 大食いのツツドリ | トップページ | コジュケイ »

2006年10月 3日 (火)

まだいたツバメ

燕返しで飛翔するツバメが通常の状態であるが、止まっているツバメと言えば春先の軒の下に営巣するか、電線に止まっているものと思っていたが、10月に入っても、稲刈り後の田圃の上や池の上を虫を追いかけて飛び交うツバメが休耕田の葦に止まり一休みするツバメを初めて観察した。自分としては 葦で一休みするツバメは初見のような気がする。

06929_028s 06929_079s 

珍しいと思うツバメも撮影距離が遠いのとツバメが葦の葉色に似ているので証拠写真に終わりました。

« 大食いのツツドリ | トップページ | コジュケイ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

お晩です。
日本で普通に見られるツバメの仲間には、ツバメ、
コシアカツバメ、イワツバメ、リュウキュウツバメ、
ヒメアマツバメ、ショウドウツバメがいるそうです。
いろいろと勉強させていただいております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179798/12132715

この記事へのトラックバック一覧です: まだいたツバメ:

« 大食いのツツドリ | トップページ | コジュケイ »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ