« 日陰のルリビタキ | トップページ | 梅とメジロ »

2007年1月21日 (日)

トラツグミ

07119_001s_1 昨日のルリビタキもスズメ目/ツグミ科の鳥でしたが、昨年全国一の人気を呼んだ綱島・鶴見川のオガワコマドリも同じツグミ科です。ツグミ科の中で最大のトラツグミは全長L30cmの黄褐色で黒い羽縁が鱗模様が綺麗な野鳥です。この鳥は夜間から早朝に、林の中で「ヒィーイ」という声を繰り返して啼くそうです(十分に歳をとりましたが、まだ聞いた事がありません、あるいは記憶にありません)、平家物語では鵺(ぬえ)と言われる日本の妖怪伝説の生き物の汚名を着せられた鳥です。平家物語では近衛天皇を毎夜悩ます鵺がいた、当時妖怪退治の第一人者の源頼政が退治したの鵺はサルの顔、タヌキの胴体、トラの手足を持ち、尾はヘビで「ヒョーヒョー」という鳥のトラツグミの声に似た大変気味の悪い声で鳴いたとされる(出典:フリー百科事典ウィキペディアより一部を省略抜粋)

さて前書きはこのへんで初見初鳥初撮りトリプル、トラツグミです。前日、相模原市の公園でお会いした親切な鳥友に教わり来た都立公園で撮りました、大変有り難いものです、感謝の気持ちで最初のシャッターを切ったのがこの上の写真です。前日までは二回続けての空振りでしたが、三回目は大当たりのホームランで三振せずに済みました。

07119_011s

正面からの撮影です、樹の下の落ち葉の下を嘴で掘り返して、黒いミミズのような虫を食べていました、同じところで何回もほじくり虫を食べていましたので、この公園は餌が豊富なのでしょうか

07119_070s山の頂上に 少し風が出てきたのでしょうか、小雨覆が毛羽立っています

07119_078s_1

手元にある4冊の図鑑にはありませんが、冠羽のような頭の毛立ち?それとも羽立ち?

昔の建物と建物の間に立つ防火壁をウダツと呼んだそうですが・・・・このような綺麗な姿を見せるとはウダツが上がると言うのでしょうか?トラツグミも汚名挽回の羽立です。

07119_107s

冷たい風が更に強くなり、肩羽が風に煽られています、これも図鑑にはない写真です

07119_122s

07119_139s 落ち葉の下の地面を嘴でほじくりながらミミズ?を獲っては、時々樹の下で休みまたミミズ獲りを繰り返して、9:22分に最初のシャッターを切ってから、9:56分まで居ましたが、犬連れの散歩する人の犬と目が合った瞬間に飛ばれてしまい、午後二時過ぎまで見られませんでした。これでやっと今年5種目目の初見初撮りでした。

|

« 日陰のルリビタキ | トップページ | 梅とメジロ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
小雪降る大寒の日、ヌエついにゲットしましたね。
羽の模様がなかなか渋いですね。ken3のように!!

投稿: フーさん | 2007年1月21日 (日) 09:15

フーさん いつも早朝一番のコメントに感謝です

こんな早朝から見るブログでもありませんので、毎回
薀蓄の深いコメントに恐縮しています。やっと古人が鳴き声からヌエと気味悪がった鳥のトラツグミが撮れました、目が可愛い虎さんならぬ鳥さんでした。

投稿: ken3 | 2007年1月21日 (日) 20:47

初見初撮りおめでとうございます。羽が風に煽られている写真などすばらしいですね。最近、写真のサイズもアップされ、楽しみ倍増です。

投稿: sakurai | 2007年1月21日 (日) 23:13

ホームラン♪おめでとう(´ー`)ノ☆・゜:*☆【ネ兄】
一昨年去年とトラツグミ何度か撮りに行きましたが暗い所ばかりでした。
ケンさんの撮ったお写真最高~♪
とっても綺麗です。

投稿: マコ | 2007年1月22日 (月) 10:20

sakuraiさん 今年はまだ地元の公園には撮影に行っていませんが、身近な生き物でいつも様子を伺っています、これからも鶴見川流域の様子を宜しくお願いします

マコさん 神奈川県下でもいるようですが、やはり暗い場所です、ここは陽の当たる坂道でしたが、やはりSSは1/30~1/50でした。

投稿: ken3 | 2007年1月23日 (火) 07:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日陰のルリビタキ | トップページ | 梅とメジロ »