« タシギ・アオシギ・ヤマシギ | トップページ | トラツグミ »

2007年1月20日 (土)

日陰のルリビタキ

自宅から43Kmの相模原市の公園です、国道16号線は通勤時間帯に行くと、1時間半は掛かります、駐車場が無料なのが魅力ですが、それよりもここは地元の愛鳥家が多く、他所から来た者を快く歓迎してくれる暖かい心が好きになりそうです。今年はルリビタキがどこでも撮れますが、ここのポイントでは♂二羽が争う場面が面白い題材ですが、暗いのでSSが上がらないのでバトルやホバは無理な題材です。上手く行くと2羽が並んだ写真が撮れますが、当方は狙いが他の鳥であるので、当日はチョット覗いただけです。

07118_004s 07118_040s 07118_030s_1 07118_035ss

07118_081s_3 最後の三枚は脇の橙色の毛羽立ちが大きく目立ちます、特に最後の一枚は50cm隣に他の♂がいますので、餌場の取り合いで緊張状態です、緊張するとこのようになるののでしょうか、このポイントの写真を見て初めて気が付きました。野鳥の生態もよく観察するともっと面白いものが見つかるとの思いが強まりました。しかしこの日の本命はトラツグミでしたので、2回連続の空振りです。三回目は空振り三振にならないように秘策?が必要です。

|

« タシギ・アオシギ・ヤマシギ | トップページ | トラツグミ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ルリビタキ、良いですね。
本命のトラツグミは空振りとのこと、食い逃げも
ありますので。
トラツグミは体の大きさの割りには妖怪ヌエとして
恐れられていたようで 鵺(夜の鳥)と書きます。

投稿: フーさん | 2007年1月20日 (土) 08:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タシギ・アオシギ・ヤマシギ | トップページ | トラツグミ »