« 熱海梅園 | トップページ | 真鶴岬の野鳥 »

2007年2月 3日 (土)

篭脱け鳥:ツキノワテリムクドリ

東京都府中市の住宅地の一角にある畑と家庭菜園にド派手な鳥がいる、撮影中にカメラの焦点距離が合わない足元まで近づいてくる人慣れした鳥である。家庭菜園の持ち主がスコップで菜園の土を掘り起こすと、彼の足元に近づいてくる、掘り起こした土の中にミミズなどがあるのを知り尽くしているようである。足環もないので動物園ではなく個人に飼われていたようである。

07222_038s_1初見は 霜が降りた畑の隅で採食していました、体長20cm位の派手な色彩の鳥なので直ぐに見つかりました。

07222_060s 朝日に向かって顔は黒、後頭部と背羽は濃い紺色、胸に白い月の輪、お腹はオレンジ色です

0722_021s

今夜は十五夜の満月ですが、正面から見ると胸の三日月がハッキリします、かなりキツイ顔をしています、仲間のムクドリが近づくと追い払いますが、ハクセキレイや鳩が側に来ても無視しています。

0722_003s 時々飛立っては電線や付近の樹木、畑の中の棒杭などを止まり木にします

07223_024s

手持ちのカメラでレンズは120mmです、手ぶれでしたが、この鳥の大きさの目安として家庭菜園の白菜の上です、図鑑には無い鳥ですがWeb検索では、体長20cmと出ていました

07223_003s

お立ち台の上で羽を広げました

07223_045s

棒杭の上にも止りましたがこの時、陽光を受けてテカテカに背中が光っていました07223_026s

逆光では色が出ませんが翼帯の黒色がハッキリ見えます

派手な篭脱け鳥を半日追いかけて本日の探鳥は終わりました、情報を戴いた鳥友と現場でお世話になったカメラマン、協力して頂いた地元の皆さんに感謝申し上げます。

|

« 熱海梅園 | トップページ | 真鶴岬の野鳥 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 熱海梅園 | トップページ | 真鶴岬の野鳥 »