« 柳のキレンジャク | トップページ | 番いのベニマシコ »

2007年3月25日 (日)

日本の国鳥:キジ

ケ~ン、ケ~~ンと大声で呼ばれたので鳴き声の方にカメラを向けたら日本の国鳥であるキジの♂がいました、繁殖期なのかそれとも繁殖期に近いのか大声でけたたましく鳴いています。

07324kijibenimashiko_001s

立派な尻尾がありますので400mmでは全身がはみ出してしまいます、頸には青紫色、胸から体下面には緑色の金属光沢色がはっきり見えます

07324kijibenimashiko_020s_1

いつも草陰や木陰にいてスッキリと全身を撮る機会がありませんでしたが、この時期はなぜか全身が撮れました。尻尾が入るまでギリギリまでレンズを絞りました、ズームレンズはこのような時は便利です

07324kijibenimashiko_095s尻尾を少し上げて頸を上に伸ばして あたりを警戒するような仕草をした時です、桃太郎さんの家来になったのも、この警戒心というか飛んで先を見る偵察の役目だったのでしょうか?それとも単にキジ団子ならぬキビ団子が欲しくて家来になってしまったのか、こんな話を孫にする歳になりました。

07324kijibenimashiko_030s

背中と頭、小さい冠羽の確認ですがこの個体の冠羽はあまりはっきり見えません

07324kijibenimashiko_062s

正面からの写真です、トリミングしてあります。

07324kijibenimashiko_113s

キジの餌は植物の種子や芽・実などのほかに昆虫類も採食するそうです、写真は何かを見つけて採食している時です

07322_251s 最後に採食する2羽の♀です、羽色は保護色で地味ですが目が可愛いですね。

|

« 柳のキレンジャク | トップページ | 番いのベニマシコ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
石川県で震度6強の地震がありました。
電話が混乱しているようで親戚と連絡が取れません。
キジ、顔の赤さ、首筋の青さ、頭から胸に掛けての
素晴らしい輝きは国鳥のキジだけのことはありますね。

投稿: フーさん | 2007年3月25日 (日) 13:06

フーさん こんにちは

ご親戚の様子が心配ですね、当方は石川県と聞いた時に輪島港から海上50kmの舳倉島が脳裏に来ました、昨年5月初めて訪問した、ワタリドリのオアシスです。この周囲4kmの小さな島の宿は民宿が2軒しかありません、ご無事であることを願っています。

投稿: ken3 | 2007年3月25日 (日) 14:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 柳のキレンジャク | トップページ | 番いのベニマシコ »