« H湖の野鳥 | トップページ | 花と鳥(チョウ) »

2007年4月 5日 (木)

昨日の続きです

本日は免許更新講習で野鳥撮影は休みました、昨日の午前中は半日で12種類の野鳥を撮影しましたので、桜とキレンジャク・アトリの夏羽・ルリビタキ・シメの追加写真です。

0744_186_edited1s

ヤブランの側に置いてある桜の枝にキレンジャクが来ました、4月ならではの光景です

0744_022s 0744_195s

桜花とキレンジャク、さらに飛翔です

0744_029s

群の中で夏羽の綺麗な♂です

0744_102s

0744_001s  コバルトブルーの鮮やかな背羽を見せるルリビタキ♂

0744_164s 新芽の葉色と対照的なルリビタキ♂です

0744_123s

カメラ目線ですが大きな鉛色の嘴が目立ちますね

0744_136s 立派な嘴に鋭い目つきの割には体の小さいアトリが来ると逃げ出しますので、気は優しいのでしょうか、それとも目付きに似合わず臆病なのでしょうか、これで昨日の続きを終わります。

|

« H湖の野鳥 | トップページ | 花と鳥(チョウ) »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
昨日に続いてシメ、硬い種子を簡単に噛み砕く、
厚みのある嘴が特徴のようです。
文鳥に似ているかも。
最近、コメントを書いて『送信』をクリックしますが
送信に時間がかかるようです。私だけでしょうか?
セキュリティの関係かな。

投稿: フーさん | 2007年4月 5日 (木) 21:25

今晩は~、Kenさん。

レンジャク類はヒレンジャクの方をS寺にて遠くで
カメラに捉えた事があるだけですので、このお写真の
様に野原に降りて来ている様子、大変、興味深く拝見さ
せて戴きました。

アトリの頭の濃さの違いは固体差であろうか…?とずっ
と不思議に思っておりましたが、夏羽に生え変わったも
のだったのですね?
非常に勉強になります。

ルリはこちらでは2度とも見た事がありませんが、
H湖にもやって来ていたんですね?

シメは方々で撮りましたが、警戒心の強さからからか、
いずれも遠くて、やはり、ここは一番、ハッキリと捉え
られるいいスポットですよね。

それにしてもキレンジャク、お目にかかりたいものです。

投稿: cc-girl | 2007年4月 5日 (木) 21:29

フーさん こんばんは

最近ブログの最初の入力画面も変わりましたので、おっしゃると通りセキュリテイが強化されたかも?です。

投稿: ken3 | 2007年4月 6日 (金) 20:00

cc-girlさん こんばんは
ここのキレンジャクは鳥友の情報では昨日抜けたそうです、週末を楽しみにしていた現役組をガッカリさせて彼らも精神的に切れん弱かな?

投稿: ken3 | 2007年4月 6日 (金) 20:05

えっ~~~、そんな~~~!
正に切れん弱~!!

投稿: cc-girl | 2007年4月 6日 (金) 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« H湖の野鳥 | トップページ | 花と鳥(チョウ) »