« シマアオジ/ツメナガセキレイ | トップページ | ノビタキ/ノゴマ/ベニマシコ »

2007年6月23日 (土)

今朝のシマアオジ

雨天のサロベツ原生花園4時半でも撮影は出来る明るさであったが、鳥の出方が明るくない、木道からはるか遠くで囀るが近くに寄ってはくれない、一度だけ来たがエゾカンゾウの花ではなく蕾にとまる、黄色い花よりは緑色の蕾の方が鳥とのコントラスが良いと思われる?

07623_048

花に止まると花の色が黄色いので、花負けしそう、蕾とはバランスが良いと思われると、皆さんが言っていました、やはり本音は花に止まってほしいんですね

  • 07623_061

遠くで黄色いお腹をこちら向きに囀っていました

07622_004_1

22日の靄の早朝に撮影したツメナガセキレイ、爪が確かに長いですね

以前はキマユツメナガセキレイと呼んでいたのが近年になってツメナガセキレイと呼ぶようになったが、北海道の地元の人達は単に、キマユと呼んでいたので北海道野鳥図鑑にはキマユで始まるのはキマユホオジロとキマユムシクイの二種のみです、ムシクイにしては尾羽の両端が白いので疑念を持ちながら後で確認しょうと思いながら、ブログを夜中にUPしてしまい、気になっていたので、昼に撮影を中止して確認作業でJR豊富駅まで行って訂正作業をした次第です、これからも間違いや勘違いをすると思いますので、ご指導ご鞭撻の程宜しくお願いします

今回で遠征3日目のブログ、3日坊主になるかどうか、明日のお楽しみです

|

« シマアオジ/ツメナガセキレイ | トップページ | ノビタキ/ノゴマ/ベニマシコ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

今晩は、KenⅢ。
朝からこんなに目も覚める様な色鮮やかな
野鳥が、連日、見られて本当に羨ましいです。
それにしても鳥の名前は難しいものですね。

投稿: M.B. | 2007年6月23日 (土) 22:41

おはようございます。
霧の早朝での撮影はバックが白くて、爪長鶺鴒
の得意そうな雄姿が伺えます。
自然と戦いながらの野鳥の生育を感じました。

投稿: フーさん | 2007年6月24日 (日) 05:50

フーさん こんばんは

自分との戦いが一番キツイと感じています

投稿: ken3 | 2007年6月24日 (日) 21:53

M.B.さん こんばんは

目が覚めるのは3時半です、目覚めると一面は白い靄です、モノクロの世界です、モノクロで始まる天然色の世界へようこそ!

投稿: kenⅢ | 2007年6月24日 (日) 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シマアオジ/ツメナガセキレイ | トップページ | ノビタキ/ノゴマ/ベニマシコ »