« 穏やかな海岸のアオバト | トップページ | 真昼の決闘 »

2007年6月14日 (木)

暑い日の水浴び

6月9日の撮影から今月二度目のハヤブサの撮影です、前回同様にハヤブサの水浴びに出会いました、距離30mこんな近距離で用心深い親鳥に近づけるのはラッキーです、カメラマン前回は10人でしたが今回は20人以上と多すぎました07613_032s_2

 

崖の上の山から土に滲み込んだ雨水が流れ落ちてくる洞窟の入り口付近です、ここはハヤブサの水飲み場・水浴び場です

07613_055s

水場の様子を覗き込んでいます

07613_059s

水場に入り水浴びの開始です

07613_067s

水を浴びると水も滴る好いハヤブサと言うよりも猛禽のイメージからはチョット情けないように見えます

07613_071s

水場から飛び上がって水浴びの終わりです

07613_073s

その場で乾かすと思ったら・・・(9日はここから崖を昇り上で乾燥と羽繕いをしましたが・・・)

07613_076s

まだ濡れている羽で飛び出しの姿勢です

07613_077s

そのまま飛び出して営巣地とは反対側の崖の上に向かって飛び出しました。AM8:37~8:49まで12分間の貴重なハヤブサの行水ショーを満喫しました、3時半に起きて4時過ぎに出かけましたが、早起きは三文以上の得です。(早く到着するとカメラポジションが水場に近い所にセット出来ます)

三脚の位置は地元の常連さんの指示に従ってセットする必要があります。

|

« 穏やかな海岸のアオバト | トップページ | 真昼の決闘 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ハヤブサの水浴びショー、早起きで満喫ですね。
30mの距離からの撮影でも腕の良さでバッチリ
焦点です。カメラマンが20名もいてハヤブサは
シャッター音が気にならないのでしょうか?
気になりました。

投稿: フーさん | 2007年6月14日 (木) 06:18

フーさん おはようございます

9日はカメラマン10人でしたので、すぐ後ろの岩場にいてから崖を昇り羽を乾かしてから飛びましたので
長い時間の撮影でした、人が多いとやはり落ち着きません。

投稿: | 2007年6月15日 (金) 04:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 穏やかな海岸のアオバト | トップページ | 真昼の決闘 »