« 葦原のサンカノゴイ/ヨシゴイ | トップページ | 先週のダイジェスト »

2007年6月19日 (火)

幼鳥しかいませんでした

千葉県のある公園の休耕田、泥土の上に二羽のタマシギの幼鳥がいます

07616_108s

休耕田の中の盛り上がった泥土の上、藁のように見える枯れた5,6の株があり最初は保護色の幼鳥が休耕田のどこにいるのか見つけるのに苦労しました。

07616_125s 太陽が真上にありますので、橋の袂の道路際からが一番近い位置でしたので、そこから撮りました、12:35分から撮影開始して4分後に一羽が立ち上がりました

07616_134s

その1分後に二羽が羽繕いを始めました

07616_149s 更に1分後に奥の一羽が片羽を広げるショーを見せてくれました、手前の幼鳥はこちら向き立ち上がっています

07616_158s また、手前の幼鳥は最初のように座り込みました、12:35-43分の8分間の動きでした、この間に親鳥は一度も見ませんでした。梅雨入り後の真夏日ではこれ以上ここにいると事は耐えられない事です、家路に付きましたがカメラマンは何方にもいない水辺にある真昼の公園の休耕田でした。

|

« 葦原のサンカノゴイ/ヨシゴイ | トップページ | 先週のダイジェスト »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

今晩は、KenⅢ。
幾ら保護色とは言え、これでは本当に泥と同化して
探されるのにご苦労されたのが容易に想像つきます。
一瞬のショー、まるで、パリコレのモデルのドレス
並みで、幼鳥ながらも華やぎがありますね。
タマシギの羽の色もよく見ますといろいろな色が
複雑に織り交ざっていてステキですね。

投稿: M.B. | 2007年6月19日 (火) 00:33

M.B.さん おはようございます

はっきり言って最初は昼寝をしていたので、休耕田の中にいるのは分かりませんでした、いつまでここに居るのでしょうか、♂親の給餌も見たいですね、幼鳥は♀でしょうか♂でしょうか、次から次へと幼鳥とともに夢が広がります

投稿: K-Ⅲ | 2007年6月19日 (火) 05:35

おはようございます。
タマシギは夜行性のシギで、大きな目が特徴ですね。
藤けい子の『夢は夜ひらく』・・・と夢が広がりますね。
メスはオスよりも綺麗だそうです。よって幼鳥は♂かも。

投稿: フーさん | 2007年6月19日 (火) 06:09

フーさん おはようございます

タマシギ♀は撮りましたが♂成鳥はまだです、♀が生みぱなしにした卵を育てる健気な♂に会いたいですね

投稿: K-Ⅲ | 2007年6月19日 (火) 09:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 葦原のサンカノゴイ/ヨシゴイ | トップページ | 先週のダイジェスト »