« ウエットランドの夜明け | トップページ | 鳥海山のイヌワシ »

2007年10月24日 (水)

夕陽のガンマン

夕日とマガンを撮りに初めて蕪栗沼に夕方4時ごろ行きましたら、TEISANの観光バスが田んぼの農道にバックで入ってきました(Uターン出来るところが無いので当然ですが)降りてきたのは西欧系の外人観光客、中には望遠レンズの人もいましたので、二年前のラムサール条約指定になってマガンの渡来日本一で有名になったお陰でしょうか、大きな望遠レンズで構えていたので、彼らからガンマンと言われました?夕日とマガンを狙いに来たので夕陽のガンマンです

071023_001_3

夕陽が西に沈む頃にネグラに戻るマガンの雄飛です

071023_009

夕陽が山陰に半分沈んだ頃にはネグラに戻るマガンは更に増えました、今日の課題は、夕陽・マガン・ネグラの水面それにススキでしたが、水面とススキは入りませんでした、初めての場所は夕陽の沈む位置が事前にはわかりませんでした。

071023_019_2

夕陽の沈む前に東の空には十三夜の月です、昔の人は中秋の満月と翌月の十三夜の両方を見ないと片見月と言ったそうです、横浜では中秋の満月は雲の中、蕪栗沼の十三夜の月はススキとマガン(ゴミではありません)が良く似合いました。

23日は電信電話記念日と文の日です、このような日はどうしてもブログも頑張りたいと夜中の12時までPCにとり付いていました。

今日は200mの距離でヘラサギを見ましたが写真には撮れない距離でした。

|

« ウエットランドの夜明け | トップページ | 鳥海山のイヌワシ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
今日は『霜降』世界開発情報の日です。
昨日の日の出から夕陽に変わりました。
夕陽とマガンの群れ、秋を感じます。
『夕陽のガンマン』クリント・イーストウッド
とリー・バン・クリーフ良いですね。
セルジオ・レオーネ監督の名作です。
さよなら、さよなら、さよなら。


投稿: フーさん | 2007年10月24日 (水) 06:25

おはようございます、kenⅢ。
いやー、見事な夕景、本当に
よく焼けましたね。
昨年の朝焼けとはまた、一味
違った印象を受けます。
お疲れも報われましたね。

投稿: M.B. | 2007年10月24日 (水) 07:37

こんばんは

フーさん

食欲の秋に

イタリア料理が食べたくなりました

投稿: kenⅢ | 2007年10月24日 (水) 20:50

M.B.さん こんばんは

鳥海山の山形側にある、鳥海山荘の露天温泉からは、東の空に14夜の月が、日没後の西空は茜色に色づき、目の前はススキの風情です
今日の一日が癒される温泉風景です

投稿: kenⅢ | 2007年10月24日 (水) 20:57

夕日のガンマン? クリント イーストウッドを思い出します。
なかなかのタイトルですね。 

水鳥、シギチに興味の薄い私でも一度夜明けと夕日のガンマン、いやマガンを撮って見たいと思ってます。
過日、テレビで女医さんが未明からロクヨンを片手に四駆を駆使しての撮影行に感動しました。 そんなシーンを思い出させてくれました。

投稿: satow | 2007年10月24日 (水) 21:39

satowさん

こんばんは

大層なタイトルを付けてしまったと思います
中味の薄さをタイトルでカバー?

野鳥撮影を始めて3年目、3回目の伊豆沼です
そろそろ3年目の浮気を考えてみたくなりました?

投稿: kenⅢ | 2007年10月25日 (木) 18:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウエットランドの夜明け | トップページ | 鳥海山のイヌワシ »