« 夕陽のガンマン | トップページ | 鳥海山・イヌワシの若鳥 »

2007年10月25日 (木)

鳥海山のイヌワシ

夕陽のマガンを撮影後に鳥海山麓のJR吹浦駅に着いたのが夕べの9時、朝5時半に吹浦から20km鳥海ブルーラインを走り6時着いたのが鉾立ビジターセンター、様子が違うようだ、殆どが登山姿の人々、ビジターセンターの開館は9時半そんなに待てないので、途中にあった国民宿舎・太平山荘に戻りイヌワシの撮影ポイント教えてもらうと、鳥海山の反対側とわかる、酒田方面へ約60kmを一時間かかり戻り、ようやく滝ノ小屋の駐車場に着いたら、カメラマンが一人がイヌワシを駐車場で撮影していたので、仲間に入れてもらう。071024_006

青空と鳥海山の頂上、イヌワシはこの山頂よりも高いか遠いところを飛んでいるので、黒いゴマ粒くらいの大きさ撮れない

071024_036

鳥海山の頂上付近を旋回していたイヌワシが駐車場の上空を左方向に飛んで来たのが唯一の撮影チャンスでした、国の天然記念物で300羽位しかいないそうです

071024_041

白い雲がバックで残念でしたが、地元の方はこんなに近づいたのは滅多にないので、初めて来て付いていると言われましたが、証拠写真級で一日が終わりました。それでも紅葉が始まった秋晴れの日に初見・初撮りに満足した一日でした。

|

« 夕陽のガンマン | トップページ | 鳥海山・イヌワシの若鳥 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

あららいつも間にか、秋田、山形の県境の鳥海山に行かれていたとは、相変わらずの行動力には頭が下がります。
貴重なイヌワシが撮れて行った甲斐がありましたね。
吹浦町は、私の会社の元同僚が、海の家を建てる時や同僚のレコード発売キャンペーンでお盆に歌謡ショウ開催で行ったり、冬にはサケの遡上光景を見たりと何回も訪れた米どころです。
鳥海山の紅葉は、これからのようで良いタイミングに行かれて羨ましいです。
もちろん、山の素晴らしい光景を沢山撮られたと思います。
この山は、スケールが大きく、夏登山で集中豪雨で帰れなくなり、自衛隊のお世話になったこともある懐かしいところです。

投稿: ヤマ | 2007年10月25日 (木) 08:49

こんばんは。
鉾立ビジターセンターは11月上旬~4月下旬
まで休館になるんですね。
真っ白な雲のせいかイヌワシが『影絵』のようです。
紅葉も素晴らしかった事と思います。

投稿: フーさん | 2007年10月25日 (木) 17:57

ヤマさん

おはようございます
ヤマさんと縁の深いところとは奇遇です、私の目には紅葉が始まったと思いましたが、ところが駐車場(これより上は車では行けない)付近は日曜日頃までが盛りで今はあっと言う間に盛りを過ぎてしまったそうです、麓はまだ綺麗でした。なんでも旬はあっと言う間に過ぎてしまいます。イヌワシ若鳥もそろそろ親に甘える旬が過ぎて追い出される時期が迫っているようです。

投稿: kenⅢ | 2007年10月26日 (金) 05:16

フーさん

おはようございます
イヌワシに陽が当たっていれば、もっと良い写真になったと思いますが、地元の人はこんなには滅多に近づかない、毎日来ているが初めてと言っても良いくらいだ、貴方は付いていると言われた貴鳥品です

投稿: kenⅢ | 2007年10月26日 (金) 05:20

お天気思わしくないのですが 風邪をぶり返さないようにされてくださいね。
イヌワシ 初撮り おめでとうございます。
次は、何を撮られるかと 楽しみです。

投稿: gukky | 2007年10月26日 (金) 18:07

gukkyさん

こんばんは
地元の肴で毎晩飲んでいる風邪薬(ビール)のお陰で快調ですが、そろそろ肩・腰の疲れが出る頃です
イヌワシはグッキーさんのスコープの世界です
風景の中に溶け込んでいる写真しか撮れませんが、それがイヌワシの証と思い知らされた想いです。天気予報はあてにならないので3度目の鳥海山に挑戦しましたが、11時過ぎまで地元の人もいなく一人で頂上付近を見ていましたが、予報が当たり頂上が見えなくなりましたので、片付けたところに、毎日来られる地元の方が見えましたが、雨も降り出したので12時過ぎに退散です、4時には伊豆沼の下車駅くりこま高原駅に着きました、今日は鳥撮りの成果がない一日でした、明日の天候も良くないようですが東北の秋を楽しみたいと願っています。

投稿: kenⅢ | 2007年10月26日 (金) 19:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夕陽のガンマン | トップページ | 鳥海山・イヌワシの若鳥 »