« ミヤコドリの着地と飛び立ち | トップページ | オクノビ »

2007年10月13日 (土)

高麗川のカワセミ

今年は地元のハスカワを皆さんとヤイガヤで撮影する楽しみがなかったのが残念な記憶の一つです、コスノビを撮りに行ったところ又も雨に遭い川原脇の駐車場で待機中にふと川原を見ると黄色い雨具を着て川原の石の上にとまるカワセミを撮影する人がひとり、これを見て鳥撮り魂?がムクムクと湧き出し、と言うよりも晴天の日にここで鳥友と二人でカワセミを狙っていたが、全く撮れず川原で寝ていたことを思い出し、よしその時のリベンジだ!迷彩の雨具を着て完全武装で繰り出して撮ったカワセミです、思いの強さの割りには暗い雨の中、只のカワセミでした。

_dsc6316s

始めに撮れたのは対岸の方の石の上で餌捕りをしたところです、遠くて暗くてトホホ・・・です

_dsc6357s

こちら側に来て自然の草木にとまりました、下の流れにはカルガモがいて餌は捕れず

_dsc6381s

やっと近くの石の上で小さい魚が捕れた、お腹がまだ橙色でないので若♂でした、時々カワセミ成鳥に追われていました

_dsc6425s

巾着の底にあたる部分の高麗川にいる成鳥のカワセミが石の上に3分

_dsc6483s

小雨の中、石から石へと移動しながらの採餌です、上流の様子を伺うところです、成鳥♂です

_dsc6532s

雨が止みましたので、止まり木がない自然の中のカワセミの採餌は次回にする事にして川原からコスモス畑に移動して、この日の目的であるノビタキを撮ることにしましたので、残念ながら見せ場のない未完のカワセミになりました.。(写真は全てノントリです)

|

« ミヤコドリの着地と飛び立ち | トップページ | オクノビ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
大好きな翡翠のお出ましです。
「渓流の宝石」と言われるだけ有って、今回の
作品も両翼の間からのぞく背中の水色は鮮やかで
いつ見ても心が和みます。
石の上での3分の撮影、意思のお強いこと。

投稿: フーさん | 2007年10月13日 (土) 07:57

フーさん

おはようございます

カワセミで入門した野鳥撮影ですが

偶には原点回帰もよいものです

投稿: K-Ⅲ | 2007年10月14日 (日) 09:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミヤコドリの着地と飛び立ち | トップページ | オクノビ »