« 権現山のキビタキ♂ | トップページ | 水盤の小鳥 »

2007年10月18日 (木)

今日のピラカワ

毎年10月に橙色から真っ赤な実になるピラカンサ(和名トキワサンザシ)とカワセミで有名な清瀬市の公園に、今年初めてのピラカワを撮りに出かけました、7時半頃に公園に到着した時は、既に一回目がピラカンサの実に来た後でした、カメラマンは十数人居ましたが、顔見知りの方々が4人も居られたので、お陰様で気楽に撮影できました、午前中は実のない弦の枝にブランコするように止まり、直ぐ居なくなりその後は昼近くまで出が悪い状態、木道の後ろに直ぐ近くまで来ましたが、ピラカンサのところには行きません、正午近くから2時過ぎまで同じような枝に2回来たのを撮ってから帰宅しましたので、本日は特段のシーンがない平凡なピラカワに終わりました。

_dsc0065s

ピラカンサの実が無いカメラを構えたところから一番遠くに来て、ピラカンサの実がなる枝には来ませんでした

_dsc8016s

二回目は遊歩道の後ろの林の中の池に来ました、300mmの手持ちで距離7m

_dsc0121_edited1s

今年最初のピラカワです

_dsc0159s

正面を向くと赤い実の中では擬態のように見えます

_dsc0173_edited1s

焦点を中央から上にして撮った画面です

_dsc0195_edited1s

焦点を中央右に移動して撮影、皆さんはこの木の下には黄色い花が咲いているセイタカアワダチソウと一番低い枝に止まるカワセミとピラカンサとのショット狙いの様ですが、一度も来ませんでした。

二枚目を除きD200+640のノントリ

|

« 権現山のキビタキ♂ | トップページ | 水盤の小鳥 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ピラカンサ、鮮やかな赤い実が晩秋に目立ちます。
ほんとうにド迫力の実で見事です。
和名で「ヒマラヤ常盤山査子」とか「常盤もどき」と呼ばれているそうです。
翡翠が霞んで見えてしまいます。

投稿: フーさん | 2007年10月18日 (木) 23:06

フーさん

おはようございます
そうなんですよ!実が橙色の時期に
撮らないとカワセミが霞んでしまいます

投稿: K-Ⅲ | 2007年10月20日 (土) 07:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 権現山のキビタキ♂ | トップページ | 水盤の小鳥 »