« 雨のコスノビ | トップページ | ソバノビ »

2007年10月 1日 (月)

ヨタカ

コスノビの帰りに寄ったKSK公園、橋を渡り東屋を過ぎてから梅林を左に見ながら、山道(遊歩道)を行くと左の林に向けてカメラの砲列があり、遊歩道の右側の中にも砲列があり、二列の砲列でも左右からの木々の間口が狭いので、カメラマンは約10人で満杯でした、三脚を据える場所がないのでVR付き200-400mmに1.4倍のテレコンを付けて手持ちで撮影。_dsc0048s

最初の1枚はカメラマンのいる右端からです、12:43の時刻表示、横に張り出した枝に目を開いてベッタリと止まっていた、いつも目を閉じて動きのないヨタカを撮ってきましたが、今回は違うようです

_dsc0143s

上の写真から見ると足が少し見えるので動きがある前兆です

_dsc0166s

撮影位置は左端からです

_dsc0169_edited1s_3

向こうを向いて欠伸、その後にこちらに尻尾を向けて糞をした後です、動いている間の写真は手持ちのためにブレブレでした、やはり三脚撮影でなければ暗い場所では良い写真は撮れないようです。カメラの位置は中央でしゃがんで撮りました。樹の枝に沿って止まっていますが、用足しは枝に直角になります、足が見えた写真は初めてです。

_dsc0182s_3

右端からの撮影です、手持ちは疲れます

_dsc0190s

またベッタリと最初のように座り込みです、12:43~50分までの7分間の撮影です、目が開いていたこと、動きがあったことなど、ヨタカの撮影では、これでも動きがある写真です。三脚が働く機会がなく残念でしたが今まで撮った夜行性のヨタカの写真では一番動きがある写真を7分間で撮れました。

|

« 雨のコスノビ | トップページ | ソバノビ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます・・ケンさん
何と何と・・ヨタカ・・暗い所にいると聞いてましたが・・旨く撮れ素晴らしい腕前に驚き・・初めてヨタカを見させて頂きました。
私の知人も数日通った様です。たまたまKSK公園に行ってましたら・・三脚担いで急ぎ足の方が・・「何を撮るんですか?」・・っと聞きますと今メールでヨタカが来てる・・と知らせがあったもので・・っと。
とっとこ・・行きました。4,5日前の事でした。

投稿: ショット | 2007年10月 1日 (月) 19:47

こんばんは
ヨタカを見たことがありません。

最近、宮沢賢治のヨダカの星を読んで感動しました。悲しくて心が洗われる作品と健さんのヨタカがダブります。

投稿: 牧タテハ | 2007年10月 1日 (月) 23:19

ショットさん

おはようございます、こちらこそご無沙汰しています。
ここは遊歩道からの撮影で、散歩される人には
大変迷惑なところです、狭いところでの三脚撮影に鳥撮りの方々は譲りあっての撮影に協力していただきました。当方は12時過ぎてから遅く行きましたので手持ちで重い思いをしました。

投稿: K-Ⅲ | 2007年10月 2日 (火) 09:58

牧タテハさん

おはようございます
当方は野鳥撮影していながら野鳥に関する童話?宮沢賢治の「よだかの星」はまだ見ていません、宮沢賢治は自分の出自を嫌悪?して書いたと言われるが、自分は勉強不足のためまだ読んでいませんので、タテハさんの勉学心に学びたいと願っています。

投稿: K-Ⅲ | 2007年10月 2日 (火) 10:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雨のコスノビ | トップページ | ソバノビ »