« 紅葉とカワセミ | トップページ | 華麗な舞!シジュウカラガンの羽ばたき »

2007年11月30日 (金)

晩秋のセッカ

相模川流域の川原で両足を広げて茎にとまる独特のポーズをする小鳥が一羽葦原にいました。

_dsc1619s

ススキの茎に足を広げて独特のポーズで止まるセッカを見つけました、動きが早いので撮り難い小鳥です

_dsc1567s_2

ススキの穂に同じく足を広げて止まりましたが、穂の上に乗っているように見えます

_dsc1575s

飛行機のポーズ、茎に縦にとまるポーズを確認しましたが動きにピントが追いつきません

_dsc1589s

鳴いたようですが、よく聞き取れませんでした、いつも両足を広げているので安定感がある止まり方でした。

昨日はPCの原因不明の通信不能でサブノートPCでカワモミジのブログを作成しましたが、今日はPCが復帰しましたのでブログ作成は容易でしたが内容は地味な小鳥で安易でした。

|

« 紅葉とカワセミ | トップページ | 華麗な舞!シジュウカラガンの羽ばたき »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
明日から師走です。
歳をとると1年が早いですね。
セッカちに時が過ぎていく感じです。
セッカはスズメより小さく、ヒッ、ヒッ、
ヒッ、と鳴きながら飛んでいくそうです。

投稿: フーさん | 2007年11月30日 (金) 19:56

フーさん

おはようございます
一年は歳をとると早いですね
セッカチの癖に遣り残した事が多く
今になって焦ります

投稿: kensan | 2007年12月 1日 (土) 04:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紅葉とカワセミ | トップページ | 華麗な舞!シジュウカラガンの羽ばたき »