« 泉の小鳥たち | トップページ | 昨日のアリスイ »

2007年11月22日 (木)

今日はいい夫婦の日

11月22日は語呂から、いい夫婦の日だそうです。セカンド・ライフで始めた野鳥撮影だが重たい機材を担いで山野・浜辺・公園などを歩くので最近流行のメタボ対策も出来て一石二鳥の効果もあるような気がする、最近目に付くのがどこに出掛けてもオシドリ夫婦の野鳥撮影を見掛ける機会が多くなりました、熟年夫婦が同じ趣味の世界で活躍されて、この秋には写真展にもご夫婦で作品を出展されていたのを見て尚更にいい夫婦とオシドリ夫婦の語源が気になりました。実際のオシドリのつがいはどうなんでしょうか?
オシドリのつがいの形成は秋から晩冬にかけて行われ♂は冠羽や三角帆型の「銀杏羽」と呼ばれる飾り羽を起こして美しいディスプレイをする。「おしどり夫婦」の語源として知られるが、野鳥図鑑には実際には雌が抱卵に入ると雄はつがいを解消して雄同士で群れる、更に別の雌に求愛することもあると言う。これが現実のオシドリ夫婦である。「いい夫婦の日」にオシドリ夫婦と呼んでいた事を考えさせられる日になってしまった。
081s
オシドリのつがい
061214_067s
オシドリも雌が先導?
061214_107s
陸に上がっても一緒のつがいでありました
027s
時には向く方向もちがいます、いつも一緒で同じ事をするにはオシドリのつがいでも辛いのか?
因みに4月22日は語呂から「よい夫婦の日」です、「いい夫婦の日」と提唱する団体が違うそうです。明日の11月23日は同じく語呂から「いい夫妻の日」だそうです、記念日ばかりで実行されているご夫婦・夫妻は本当におられるのでしょうか?我が家では「俺には関係ない!」です、ところで「いい夫婦の日」をすすめる団体の川柳の今年のいい夫婦大賞は「神田川 待たせた俺が 今は待つ」でした。

|

« 泉の小鳥たち | トップページ | 昨日のアリスイ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

健さま 神田川 いいですねえ。
いつも私が待たされたの詩の喜多条さんは横浜にいるそうです。

当時の私はズバリ神田川の高田馬場にいて友人夫婦が3畳一間に住んでいて、雨が降ると神田川が氾濫して私の所で泊まりで徹夜マージャンでした。

投稿: 牧タテハ | 2007年11月22日 (木) 22:29

こんばんは。
今日は『いい夫婦の日』明日は『結婚記念日』です。昔は『勤労感謝の日』小雪です。
神田川、いいですね。南こうせつ『若かったあの頃何も怖くなかった ただ貴方のやさしさが 怖かった』いいなあ~。今は怖いものばかりの世の中です。オシドリは『鴛鴦』と難しい字ですね。

投稿: フーさん | 2007年11月22日 (木) 22:51

牧タテハさん


古き良き時代を懐かしく思い出させて戴き
ありがとうございます
当時は三十代前半の私もマージャン
大好き人間でした
週末は朝から4人を集めないと
落ち着いて仕事が出来ませんでした
お互いが横浜で縁になりましたが
それにしても世間は広いようで狭いですね
神田川ゆかりの人も住まわれているとは!

投稿: K-Ⅲ | 2007年11月23日 (金) 04:17

フーさん

おはようございます
今日は「いい夫妻の日」この日が結婚記念日ですか、勤労感謝と忘れられない日ですね。
私は結婚記念日を忘れるほど歳をとりましたので、今は空気みたいな存在ですが空気がなくなると思うと怖いですね、それにしてもただ一度でも「ただ貴方のやさしさが怖かった」と言われてみたかった!

投稿: K-Ⅲ | 2007年11月23日 (金) 04:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 泉の小鳥たち | トップページ | 昨日のアリスイ »