« 静寂そして躍動 | トップページ | あぶくま親水公園のコハクチョウ »

2007年11月 1日 (木)

オオハクチョウの朝の採食

蕪栗沼のオオハクチョウはマガンやオナガガモなどと同じように沼の水面がねぐらです、そのネグラからマガンの飛び立ちと同時にオオハクチョウも同じように飛び立ち、マガンは遠くの田圃に採食に行きますが、オオハクチョウは蕪栗沼の周囲の稲刈り後の田圃に落穂を食べに飛び立ちました。

0710282_001s

朝6時の蕪栗沼のオオハクチョウのネグラです、マガンが飛び立ったもまだ悠々と、白鳥の寝姿の頭を背にのせて寝ています

0710282_108s_2

マガンの飛び立ちに続いてオオハクチョウも同じように家族と一緒に飛び立ちです

0710282_104s

マガンと異なりオオハクチョウは蕪栗沼の周囲の田圃に向かいます

0710282_013s

同じ撮影場所からも田圃に降り立った白鳥が見られます

_dsc0070_edited3s

車で100m先の田圃の畦道まで近づき120mmのレンズでオオハクチョウの朝の挨拶を撮りました

_dsc0117s

スピード台風20号の置き土産で田圃には水面が残っています、沼では水中の水草や青草とその根を採食しますが、ここでは落穂が普通です、珍しく水中に嘴を入れての落穂拾いです

_dsc0040s

仲間から離れて落穂拾いの一羽

|

« 静寂そして躍動 | トップページ | あぶくま親水公園のコハクチョウ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静寂そして躍動 | トップページ | あぶくま親水公園のコハクチョウ »