« あいうえお | トップページ | キクイタダキ »

2008年1月 5日 (土)

夕日・朝日・夕陽

お気づきの方もおられますが、このブログのカテゴリーは野鳥ですが、野鳥以外の写真を時々ですが貼っています、その時のカテゴリーは趣味となっていますので、カレンダーとタイトル一覧には趣味のカテゴリーも混在しています、しかし趣味はカレンダーかタイトルをクリックしないとブログ画面には現われません、今回はご存知でない方のために敢えて野鳥のカテゴリーに入れて、このお知らせをご覧いただいております。今日のテーマは年末年始の西伊豆旅行で撮影した大晦日の夕方4時半頃から元旦の夕方4時半の24時間の夕日・朝日・富士山・夕陽の観光写真です。

071231_199s

西伊豆は夕日の名所です、沢田公園露天風呂付近からの2007年12月31日に駿河湾に沈む夕日です、大晦日は海上に雲がかかり夕日撮影が心配されましたが、沈む直前に雲と海面の間に夕日が現われました、偽・偽・偽で終わった2007年の象徴のようなハラハラドキドキの一瞬です。海が荒れているので、夕日を観観光船は欠航でした。

071231_170s_2 

撮影場所の沢田公園露天風呂です、絶壁の上にあるこの小さな露天風呂からは絶景です、入浴料500円の有料ですが、温泉に入りながら見る海に入る夕日は優良です。

0811_032s

0811_058s 

ここの撮影場所は2003年に閉鎖された石廊崎ジャングルパーク入り口に車を止めて、懐中電灯を照らしながら観光名所であった熱帯植物園跡地の中を進み、赤と白い光線が回転する石廊崎灯台の石段を降りて、約10分後に岬の上の洞窟にある石室神社で初詣、初日の出が撮れますようにと祈願してから、既に初詣客で埋まっている神社の神域、岬の先端で三脚をセットして海からの寒風を堪えて初日の出を約1時間待つ、6時55分この3年間よりもましな日の出となったが、海上から真円の日の出を期待していたが雲がかりの初日の出でした。

0811_114s 

帰りは暗闇の中で見られなかった奥石廊崎(あいあい岬)の絶景を見て、目指すは雲見温泉の夫婦岩、ここからの富士山は昨年は頂上に雲が掛かってなかったが今年は白雲の富士山となった。撮影中にここの砂浜で毛糸の帽子が海からの強風で飛ばされたので後ろに拾いにいったら、今度は三脚毎カメラが砂浜に転倒していた、柔らかい砂浜なので何事も起きなかったが、上の雲見大橋だったらコンクリートなのでゾーットするシーンである、頭から耳まですっぽり被っている毛糸のスキー帽が飛ばされるとは、今年も波乱万丈カメラ人生の幕開けの予兆なのか?

081_012s 

夕方に堂ヶ島の夕日を撮りに出かけて、落日前の夕日を撮影中に想定外の強風と大波でレンズとカメラに潮を被った瞬間です、一度ある事は二度ありました、三度目が怖い!

081_051s 

6x4のカメラで夕陽を撮影している女性カメラマンがいましたので、ここなら安全と撮影場所を移動して4時40分の堂ヶ島の夕陽です

081_097s 

落日後に雲間から僅かに陽の光が出ています、夕焼け雲も芳しくありません、元旦の観光客が多いにも関わらず観光船乗り場は閑古鳥しかいませんでした。

大晦日の夕日から元旦の夕陽までの24時間の8コマです。


|

« あいうえお | トップページ | キクイタダキ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
5連続も青天に恵まれた2008年ですが
原油高、ドル安、日米欧株安と波乱の幕開け
となりました。
でも、ken3の開運ブログを拝見すると元気が
出てきます(^O^)

投稿: フーさん | 2008年1月 5日 (土) 07:51

おはようございます

朝からヨイショされて気分は爽快です
2008年晴天5連続も大変結構ですが
当方は珍鳥5連続なら大満足の幕開けになりますが、ベテランの方が聞かれたら、ソウカイ!で終わる話です

投稿: kensan | 2008年1月 5日 (土) 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あいうえお | トップページ | キクイタダキ »