« 初めての公園のカワセミ | トップページ | カラフトムシクイその2 »

2008年1月 9日 (水)

カラフトムシクイ

0818_248s 昨年の上野のキマユムシクイも難しかったが、カラフトムシクイが こんなに撮影が難しい小鳥とは思ってもいなかった、この珍鳥の撮影には、3つの「運」が無ければ撮れない?公園内を激しく移動する小鳥で三脚を担いで小鳥の出没する後を追いかける「運動量」、元気な人は私の三倍も動いていた、カラフトムシクイも虫捕りはホバをして体長10cmの身軽な小鳥だが、鳥撮りも身軽でなければ運が少ないと思われる。そうでなければ鳥の出そうな所で待っている「鳥運」が良い人、強い人に出会う事です、鳥が出ても葉隠れ・枝被りのない場面の「撮り運」もなければ撮れないと、三日間の体験から導き出された「3つの運」です。今回はこの写真が一番良く撮れた証拠写真です、掲示板並みに一枚のみで終わります。

PS:一緒にいるキクイタダキもマトモナ写真が撮れないので3運よりも腕が悪いのが一番の原因と気がつきました。因みにキクイタダキよりもカラフトムシクイの方が更に敏捷に動きます。

|

« 初めての公園のカワセミ | トップページ | カラフトムシクイその2 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

いよいよ卒業ですね。
証拠写真にしては上出来ですよ!!(^^)!。
動きがキマユよりも早いのであれば
私には無理かな?!(^^)!。

投稿: musamatsu | 2008年1月 9日 (水) 05:04

おはようございます。
敏捷なカラフトムシクイの撮影、良く撮れて
ますね。
ムシクイにも種類が一杯あることを知りました。
アッパレを2つ。

投稿: フーさん | 2008年1月 9日 (水) 06:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初めての公園のカワセミ | トップページ | カラフトムシクイその2 »