« 松林のムギマキ | トップページ | へくらしまのやちょう、その1 »

2008年5月25日 (日)

年輪に集う小鳥たち

木の年輪に比べればほんの僅かな時間ですが、このブログも来月には開設二年になりますので二年間の年輪が刻まれたブログになります。年輪と同じように成長期には大きな成果もありましたが、停滞期には見るものがない話が詰まった期間もありました、年輪は過去の環境の証でもあります。綺麗に切断された切り株が松林の隅にあります、四日前にも紹介したこの切り株の年輪に集う小鳥たちです。

Dsc_7555s

まずは年輪の全体像です、小鳥さんはムギマキ♀です、年輪を拡大すると虫食いの穴がいくつもあります、この穴から羽蟻が出てくるのを小鳥たちはご馳走としています、なかには取り合いになってしまい年輪のテーブルマナーの悪い小鳥さんもいました

Dsc_7639s

オオルリが先ほど食べた美味しい羽蟻がまだいるかと訪れてきました、しきりに羽蟻が出てくるのをチエックしています

Dsc_7638s

切り株の後ろからのオオルリです、ご馳走が出てこないので飛んでしまいました

Dsc_7603s

嘴の中に羽蟻が入っています、これあ~~うまい!と言う感じでしょうか

Dsc_7605s_2 

先ほど味をしめたキビタキがまたやってきました、喉を長く伸ばして・・・・

Dsc_7636s 

キビタキ♀も来ましたがおこぼれはもうありません

Dsc_7562s

最後は年輪の撮影を見守るキビタキ♀とムギマキ♀です、そよ風のような潮風になびくキビタキ♀の喉の下胸のあたりの地色が黒い?鳥は羽毛の下地は黒いのであれば「悩ましい野鳥の二番目のヒントがここにもあるようです。

|

« 松林のムギマキ | トップページ | へくらしまのやちょう、その1 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
年輪ですか?野鳥のご馳走がたっぷり
含まれているようですね。
フーさんは年輪よりもバームクーヘンが
お好みです。
一層一層丹念に焼き上げたこだわりの
バームクーヘンのようにken3のブログは
しっとりとした味わいが出ております。

投稿: フーさん | 2008年5月25日 (日) 12:27

こんばんは

このブログは最近は甘い!ですが
本来は辛口なのです!
そのうち本領発揮をしてみせましょう!

投稿: kensan | 2008年5月25日 (日) 21:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松林のムギマキ | トップページ | へくらしまのやちょう、その1 »