« たぶの木のアオバズク | トップページ | 戯れるオオタカ幼鳥 »

2008年7月30日 (水)

椨の木のアオバズクの巣立ち

今朝は寝坊しました、アオバズクのブログ作成で手間取り寝たのは午前0時30分、3時に起きて夜明け前の椨の木のアオバズクを見ようとの予定でしたが、ナポレオンには勝てません3時間も睡眠をむさぼり今朝は予定よりも30分遅く3時半に起きて現地には4時半着です、既にカメラマンは7,8人居ました、昨日は樹洞の中でチラリとしか見られなかった雛が暗い洞の上にいましたが写真は撮れません、そのうちカメラの方にふわりと飛んで来て桜の木の根元に軟着陸をしました、よくアオバズクは洞から落ちると言いますが今朝は洞からの約20mの初飛翔でした。

08729_021s

桜の根元に着地したアオバズク、時にまだ暗い午前4時40分です。ここから小一時間は一歩も動かず、人の気配とカメラの音のするほうに頸を向ける動作を繰り返していました。

08729_029s

カメラマンが近くに寄り撮影していますので一番近くのカメラの方を見ています、横顔から見ると嘴の様子が判ります

08729_163s

神社で斜に構えた幼鳥です、この子は頬が白いので♂でしょうか、まだ胸には産毛が残っています

08729_217s

桜の根元の様子を入れてみました、この後はカメラマンの一人がトラックに積んでいた脚立のハシゴで全員協力で出初式の要領でハシゴを支えて「たぶのき」に戻してやりました、これで猫やカラスの襲撃から回避出来ます

087292_012s

L29cmですが軍手で持つと顔と尾がはみ出す程度で思ったより小さいアオバズクです、最初に枝に乗せた時は再び飛んでしまい隣の民家の雨戸に激突?して落下した雛を二度目も枝に載せましたが、今度は激突のショックなのかぐったりして枝にへばりついています。

087292_146s

だんだんと元気を取り戻して枝の上に立つようになりましたがまだ生気は薄いようです、手前の葉が前被りで、最後まで落葉広葉樹の恩恵は受けられませんでした。

087292_302s

午前8時にはすっかり元気を取り戻して枝の上に立っていました、これを見届けてから帰宅しました。

« たぶの木のアオバズク | トップページ | 戯れるオオタカ幼鳥 »

アオバズク」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ケン様

コンバンワ!アオバズク可愛いですね!フクロウは早朝にも行動するのですね、僕も近所で探してみます。

kkさん

おはようございます
ここのアイバズクはまだ暗い夜明け前に
たぶのきの中で親も幼鳥も飛び回っていますが、夜明けとともに動かなくなります

ケン様

了解です!動いてないと見つけるのが難しそうですね・・・夜明け、前頑張って探してみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« たぶの木のアオバズク | トップページ | 戯れるオオタカ幼鳥 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ