« クマゲラの給餌 | トップページ | エゾライチョウの雛 »

2008年7月 3日 (木)

青空とエゾフクロウの雛

6月13日のエゾフクロウのブログは午後7時以降の暗くなる時間に動き出した雛をISO感度を上げて撮影したものでした、今回はその日の昼間のエゾフクロウ雛2羽の写真です、高い位置にいますので直ぐ上は晴天の青空です。

_dsc8817s _dsc8874s

昼間の雛は2羽がいつも一緒にいますが、二羽が同時に葉隠れ・枝被りをしていない写真はなかなか撮れません、朝夕は肌寒いですが、昼間は車のクーラーを入れる程温度が上がります、上の写真で右にいた方が暑さでグッタリ?です。今年は5月26日に孵ったと聞きましたが、2週間以上も経ちますのでかなり色がついてきました

Dsc_9105s

日が落ちてくると、とうとう片方が葉隠れです

Dsc_9132s

片方が後ろを向いてしまいましたが、そのかわり羽を広げてサービスをしてくれました

_dsc9090s 

傍らの木の上で母親が薄目で居眠りしていました、夜の狩で疲れているのでしょうか

« クマゲラの給餌 | トップページ | エゾライチョウの雛 »

エゾフクロウ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
エゾフクロウの雛は猛菌類と想像できない
愛らしさがありますね。
フサフサ、フクフクと産毛に包まれて暖かそう。
親鳥と幼鳥のスリーショットが観たいです。

フーさんもお疲れのようですねdespair猛禽はこちらですsmile
夜行性の猛禽のスリーショットにはナイトビジョンが必要ですねbearing

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クマゲラの給餌 | トップページ | エゾライチョウの雛 »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ