« タマシギの舞い | トップページ | 黄昏時の翡翠のホバ »

2008年8月27日 (水)

タマシギ雌の華麗な舞い

昨日のブログの翌々日の早朝にまた幸運にもタマシギ♀の華麗な舞いを観ることが出来ました、鳥友は私の事を鳥運(撮り運)が良いとか強いとか言われますが、自分では朝早起きなのでその分撮影のチャンスが多いだけと思っています。早起きは三枚の得!

0888_060s

昨日のブログも枠一杯のノントリですが、今回もノントリですが少し距離が遠くなりましたのでタマシギが小さく写りました、この写真は最初の舞い始めですので左右の羽が揃っていません

0888_071s

左右の羽が重なって一枚の羽のように見えます、ハト胸のように豊かな胸の羽毛が逆立っています、前回の写真では見られない光景です

0888_075s

一回目の舞が終わった直後です、羽の白線がハッキリ見えます、これもこんなに白線が出たのは初めてです

0888_085s

今回は羽の先端が初めて撮れました、玉模様がハッキリ見えるこれも貴重な写真となりました。

0888_113s

3回目の時はカメラ正面に向かっての舞です

0888_115s

似たような姿ですが上の写真の次のカットです

0888_124s_2 

最後は右に歩きながらの舞いです、足の動きに注目です。0888_185s

雄の片足を上げてのケンケン?犬の小便もどき?舞いは下手で困っているような申し訳ないと言うような目付きに見えました。

この日の♀の舞いは約100枚撮れましたので、冒頭の格言は正しく言うと「早起きは100枚の得」でしょうか、♀の舞いは100枚の写真の中から前日の写真と重複しないように独断と偏見で選びました。

|

« タマシギの舞い | トップページ | 黄昏時の翡翠のホバ »

タマシギ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
お久しぶりです。
珠鷸のVの舞い、ナイスショットですね。
三文の得どころではないですよ。full
肩口にかけての白い線が特徴ですね。

投稿: フーさん | 2008年8月27日 (水) 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タマシギの舞い | トップページ | 黄昏時の翡翠のホバ »