« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

サシバとノスリ

今年の白樺峠のサシバは渡りの時期が早く撮影時には渡りの盛りが過ぎていました、渡っても遥か遠くに流れて行き、なかなか近くには来てくれませんでした。

022s

サシバ

08924_185s

サシバ

089_185s_2 

サシバ

08924_078s 

089241_067s ノスリがハチクマの群れの中でタカ柱になっていました、正面衝突?

089241_068s

すれ違いの瞬間、向こう側がノスリです

昨日ブログの一枚目と二枚目の前後の数枚を確認しましたら、上昇気流がなく羽ばたきの飛翔でしたので帆翔を訂正します。

| | コメント (0)

2008年9月29日 (月)

ハチクマの飛翔もいろいろ

突然の政界引退で瞬な話題の小泉元総理の小泉語録の中で批判を浴びた「人生いろいろ、会社もいろいろ、社員もいろいろ」がありましたが、ハチクマもいろいろ、鳥撮りもいろいろ、写真もいろいろです。成鳥・若鳥・羽がボロボロの老鳥?、♂・♀、目の色も黄色や黒、体下面の色もいろいろ・白色・茶褐色・黒色、白い尾帯もいろいろ・黒帯の太いの細いのと数もいろいろ、飛び方もいろいろ・はばたき飛翔・滑翔(グライディング)帆翔(ソアリング・鷹柱)などハチクマの飛翔もいろいろです。夕べのNHK1ch19:30-20:00のダーウィンがやって来た!「タカがスズメバチを襲う伝説の瞬間」を見ましたが舞台が長野県下であり、信州ワシタカ類渡り調査研究グループのメンバーが出演しているので身近に感じましたが、何年もご苦労されてハチクマがクロスズメバチの巣を襲う瞬間の初めての貴重な映像に衝撃と感動を覚えました。その映像から見たらなんと下手な写真をいろいろと並べてしまいました。

_dsc3308s

晴天に渡るハチクマ

_dsc3309s

上の写真の続きです、連写でしたので近くで上向きでもありソアリング(帆翔)と思います

_dsc3244s

たか見の広場の遥か前方を飛翔して定点観測地点方向に飛びミサゴと誤認したハチクマの若

_dsc3199s

目の色が黄色い

089241_031s

たか見の広場の真上を旋回

089241_157s

青空に羽を一杯に広げての滑翔

089241_299s

西に向かって陽を浴びて飛ぶ、そのうが大きく膨らんでいるのでクロスズメバチ等を食べてきた直後なのでしょうか

_dsc2601s

たか見の広場の上で撮影したこの鷹柱の写真が一番多くタカが入っていました

08925_017s_2 

最後は曇天の空に唯一近くに来たハチクマです

下手な写真もいろいろです。

| | コメント (4)

2008年9月28日 (日)

飛びモノは捜索ヘリコプター

お彼岸の日にたか見の広場は500人以上の人で埋まりました、この日に写真を撮りに来られた70歳の方が白樺峠に車を置いたままいくえ不明になり、24日から長野県警ヘリと消防防災ヘリが空からの捜索、地元の松本市消防団などがたか見の広場周辺の森林の捜索を開始しましたが見つからず、翌日の25日もたか見の広場を中心に同じように大掛かりな捜索活動が見られました、家族の方が鷹の渡りの撮影者のところに来て、ご本人の写真を見せて消息の手がかりを必死で聞き回っていました、車の中には望遠レンズが置いたままでカメラを持って、推測では花・高山植物の写真を撮りに山の中に入ったようです、この山ではキノコ取りの経験もあると家族の方が説明しておられました。

_dsc2937s

長野県警ヘリコプター「やまびこ」

_dsc2962s

たか見の広場の前に見える丸山の上を飛ぶ

_dsc3150s

山岳遭難救助は県警に遭難救助が入るので、最近の北アルプス五竜岳・北アルプス槍ヶ岳・北アルプス北穂高岳・中央アルプス東川岳・北アルプス七倉岳などでの滑落や病気・事故などではこの「やまびこ」が救助に向かったものと思われます。「長野県警察とやまびこ」の文字が見えます、ヘリを上から撮影する機会は初めてです。

08925_057s

25日目の前の丸山から防災ヘリが飛んできました、ヘリの外に隊員が身を乗り出して下の森林を捜しています

08925_061s

たか見の広場の真前に来ました、長野県消防防災航空隊の「アルプス」の文字がハッキリ見えます、アルプスには座席が有りませんので、ヘリの両サイドには二人ずつ4人の隊員がヘリから身を乗り出すような姿勢で直ぐ下の森林を捜索している様子です、FX版でも画面からはみ出してしまう程の迫力があります。このヘリの下では消防団員が10~20人一組で横列で斜面を下りながら「オーイとか○○さーん」と発声しながら捜索を続けていました。

08925_065s

暫くするとヘリは右の定点観測ポイント方面に移動して行きました。25日午前中の飛行はありましたが午後からの空からの捜索は有りませんでした。

26日に遭難から4日目に自力で生還されたと鳥友から連絡が入りました、毎日のように信濃毎日の社会面を見ていましたが無事で良かった!

| | コメント (0)

2008年9月27日 (土)

月と鷹

乗鞍岳頂上付近の上に出た二十五夜の下弦の月とたか見の広場真上で舞う鷹柱の一部です

089241_245s

写真は全てノントリです

089241_247s 

089241_248s 

二十五夜の下弦の月をバックに二羽の鷹がすれ違いました089241_249s 

089241_250s 

089241_251s_2

089241_255s 最後は下弦の月が入らないところで舞っていました

今日は二十八夜で新月は9月29日、満月は10月15日です、白樺峠ではこの時期になるとサシバとハチクマは殆ど渡ってしまい、ノスリの渡りが最盛期になる頃です。

| | コメント (2)

2008年9月22日 (月)

ヒバリシギのダンス

相模の国休耕田前の道路の向こう側は立派な市庁舎と警察署があります渡りの野鳥にはそぐわない建物ですが、野鳥にはそんなの関係ないでしょうか、そんな環境でのヒバリシギの舞です、先週の撮影です。

08916_081s_3

畦の横で羽ばたくヒバリシギ

08916_083s_3 縦から横に羽を広げる

08916_084s_2 

横に目いっぱい広げました

08916_085s 

つま先立ちのダンスです

08916_086s 

跳躍もサービスしてくれました

08916_087s 

着地でダンスはスンダ!

| | コメント (2)

2008年9月21日 (日)

ダイシャクシギの飛翔

昨日の続きの海浜です、曇天の浜辺で独りで目の前で採餌中のダイシャクシギを撮影中に、ダイシャクシギが居るとも知らずに海浜を散歩してきた人に気づいて飛び立ちました。昨日の黄色い花は一般に月見草とも呼ばれているマツヨイグサの仲間で「コマツヨイグサ」でした、薄い橙色に見えたのはこの花の咲きがらでした、この花の名前は菊名池でお会いする写友の五箇山男さんから教わりました「四季の移り変わりは、写真が一番早分り」のブログで、花・山野草、植物、蝶、昆虫、野鳥など多彩な写真を毎日更新しておられます。

089191_013s

コマツヨイグサの砂地から飛んだ後に地元の人がこの場から離れた後、暫くしてから砂浜に飛んできて目の前で採餌活動を見せてくれます、砂浜でカニを探して素早く走り回ります(5枚ともノントリです)

 

089191_040s

採餌するダイシャクシギをカメラで追っていたら突然飛び出しました、誰もいないと思っていた海浜に散歩する人が近づいたようです、海浜公園は小雨でも人出があります。

089191_041s

飛び出し二枚目です

089191_042s

三枚目の羽を上に広げると大きく見えます、採餌中に突然飛んだので餌を咥えたままの飛翔です、これが今回のベストショットになりました。

089191_043s

4枚目はやっと画面入りましたが、目の前で飛ばれたのでこれ以降は追いかけられませんでした。

| | コメント (4)

2008年9月20日 (土)

黄色い花とダイシャクシギ

都内の海浜公園、渚の砂浜草地に名も知れない黄色い花(一部は薄い橙色)が咲いていますが、不思議と言うか珍しいと言うか、この花の中でダイシャクシギが砂地に嘴を差し込んで採餌をしていました。この花を図鑑やWebで捜しましたがマイナーの雑草花なのか花名が分かりませんでした。

08919_049s

砂地の草地を餌を探して歩くダイシャクシギです

08919_082s

名も知れない黄色い花の中で、砂浜でカニのいる穴に嘴を差し込むように、花の中で嘴の根元まで差し込んでいます

08919_070s

あちらこちらに咲く花の傍でも餌探しをしています、ダイシャクシギの特徴の一つに下嘴はピンク色ですが裏面のピンク色を初めて見ました。

08919_086s

また他の場所に移動です、砂浜よりも歩き難いのに何を好んでこのような所に来るのでしょうか、好物の昆虫でもいるのでしょうか?

08919_215s

この草地で餌獲りをしていたハトとのツーショットです

08919_221s

花の周囲に黒くボケて見えるのはハトです08919_201s

花は一部にしか咲いていないので花がないところにいる時間が長く、花のところに来るまで地元の人は辛抱強く待っていました。砂地の上で立ち止まったダイシャクシギです。

| | コメント (2)

2008年9月19日 (金)

カルガモとシマアジ・エクリプスの共演

雌は周年地味な色をしているが、雄も秋の渡来時には地味な羽色になった「エクリプス」と呼ばれる状態で見られる(フィールドガイド・日本の野鳥)、夏羽が鮮やかに目立つ羽色のカモ類の成鳥雄は、繁殖期間の後期に羽毛を換羽し、雌と同じような地味な羽色になる。これをエクリプスと呼んでいる。日本に渡来したばかりの頃にも、まだこの地味な色合いの個体が多い。(山渓・日本の野鳥より)

野鳥撮影を始めた頃に地元神奈川で成鳥♂を撮ったことがあるが、白い大きな後頭部まで伸びた眉斑と白黒模様の肩羽、白い脇腹に黒い波の模様があって、今回のエクリプスと比べるとはるかに綺麗な♂でした。

08916_076s

08916_078s

カルガモ(L60cm)さんの前で軽々と青灰色の羽を広げたシマアジ(L38cm)のエクリプスです、羽を広げると大きく見えます。

08916_079s

羽を大きく広げてお腹を丸出し

08916_080s

次は羽を後ろに胸を突き出して、ボクは♂です。

08916_081s_2

羽をたたみ始める

08916_083s_2

羽を納める直前までカルガモがボクの尻尾を見ていました。

08916_084s

何事もなかったような様子で休耕田の中を前に進んでいきました、顔つきは地味な♀と同じようです。

神奈川県下・撮影日は9月16日、最初と最後はトリミング、ディスプレイはノントリです。

640×1.4倍テレコン+D300

| | コメント (0)

2008年9月18日 (木)

初撮り、アメリカウズラシギ

日本には渡来数が少ない稀な旅鳥であるので珍鳥の部類と思われるアメリカウズラシギの幼鳥。

08916_151s

眉斑が白っぽく目先は淡黒褐色(L22cm)、雨天から晴天に変わった、600+D300のノントリ

08916_123s_2

胸の淡褐色を水面に映す

08916_325s_2

雨で濡れた草の畦の中で背を見せる

08916_126s

幼鳥は上面が黒褐色で、白・バフ色・褐色の羽縁が目立つ、頭頂は褐色で黒褐色の縦斑がある、嘴は少し下に曲がって黒い。600+D300のノントリ

08916_327s 

畦の上でのディスプレイ

08916_100s 

傍に来た自分よりも小さいヒバリシギ(L14cm)を追い払う羽ばたき、

08916_103s 

ヒバリシギを追って雨降る中で鳴きながら飛び立ちの直前

08916_104s 

泥水を挙げながらの飛び立ち

雨天から晴天になった正午頃からの600+D300以外は全て400+D3の写真です

| | コメント (0)

2008年9月17日 (水)

ホウロクシギ

潮が引いた砂浜にホウロクシギが飛んできましたが2,3分で飛び立ってしまいました、二度目も飛んできてまた直ぐ戻ってしまい遠い写真ばかりでした。

08915_048s

この大きさではダイシャクシギなのかホウロクシギなのか見分けがつきません

08915_051s

これでもまだ見分けが難しい!干潟を大股で闊歩する。

08915_119s

二度目は一度目よりも少し近くに来ましたので、地元のカメラマンがホウロクシギと言っていました

08915_123s

飛んだ時の羽の色に白味ばなく、胸や腰の部分にもダイシャクシギのような白味がありません。

| | コメント (0)

2008年9月16日 (火)

クロツラの飛翔

遠くの空にクロツラヘラサギの飛翔です、敬老の日・曇天の空・干潮の時間になると葛西の東の渚から嘴の黒いサギが一羽飛んできて西の渚の上空で旋回をして潮が引き始めた餌場に舞い降りた、降りると先にいたサギとともに採餌を始めてた。

08915_059s

遠くの空、東の空から西に来て旋回をして東向きに飛ぶ

08915_062s_2 

黒い嘴が長いのが飛んできた

08915_071s 

2回旋回してから

08915_081s 

着地の態勢

08915_082s 

ウが見張り番?カルガモとコサギが採食している西の渚に着陸です

08915_112s 

採餌の動作に入りましたが、地元のカメラマンが近づいたのでこの場から飛び去りました。近くから撮りたい人情は分かりますが、飛ばれてしまいましたので、これでお仕舞いです。

| | コメント (2)

2008年9月15日 (月)

ホシゴイ三個体

先週末の葛西臨海公園にゴイサギの幼鳥ホシゴイが別々の場所で三個体がいました、漢字ではこんな感じかな~~~星五位。

08912_036s

淡水池のホシゴイ

08912_049s

上の個体が後ろの止まり木に移動しました

08912_038s

ニ個体目は汽水池の岩の上にもいました

08912_046s

向きを変えました

08912_013s

逆光の中での三個体目の採餌です

08912_034s

汽水池の逆光の中で手前の葦がボケています

| | コメント (0)

2008年9月14日 (日)

首飾りをつけた都鳥

先週は暫くぶりに三番瀬海浜公園に行きましたが潮干狩りシーズンの終わった干潟に二十数羽のミヤコドリがいましたが何時まで待っても飛んでくれませんので昼時の浜辺で休んでいるうちに飛ばれてしまいました。その時に海浜ですれ違ったカメラマンが亜種が混じっていると言われましたので、写真を整理中に白い首飾りを付けた変わりモノが紛れているのを見つけました。08910_107s

海水のある干潟に二十数羽が歩いて移動していました

08910_263s

画面左二羽目が頸に首飾り?のあるミヤコドリ

08910_261s 

前後の写真を拡大して見ましたら頸に首輪模様が見えます、本物の首輪なのか?交雑種なのか、突然変異なのか亜種なのか、明日になっても分かりません?

08910_321s 

こんな写真もありました。仲間の採食中にチョット失礼!海洗トイレ?「オイ、オイ俺の傍で失礼な!」と仲間が頸を傾けていました

08910_374s 

群れが夢中で採食していましたのでこの時のカメラマン3人は3方から遠巻きでの撮影です

08910_380s 

潮干狩りの後は空の殻が多く、なかなか大きい貝をゲットしたところが撮れません!まだ嘴もそんなに赤くなく足の色も薄いピンク色でした。

| | コメント (0)

2008年9月13日 (土)

小さな獲物

久し振りに四季の森・ハス池でこの写真を撮った時はカワセミの親♂が子を追い出しに掛かっている時でした、写真は全てノントリです。

_dsc5106s

小さな魚を咥えて飛び込んだ枝に戻りました

_dsc5110s

叩きもせずにひと飲みの獲物です

_dsc5156s

今度はあまりにも小さいので獲物が良くわかりません

_dsc5161s

嘴の先にやっと確認しました

_dsc5328s

三度目も小さいようです

_dsc5330s

よく見ないと咥えている小魚が見えません

_dsc5399s

小物に飽きたのかオイカワなどの大きい魚は池に流れ込むところにいます、やっと叩きがいのある大きさの獲物です、手前の葦が被りましたが、風で上に挙がった瞬間にシャッターチャンスがありました。右端のゴイサギを拡大したのが次の写真です

_dsc5268s

最近いつもここに居るゴイサギと石の上の亀です。

| | コメント (0)

2008年9月12日 (金)

穏やかな海のアオバト

引き潮で風もなく波が静かな天然記念物の大磯・照ヶ崎海岸に海水を飲みに来るアオバトです。この日のアオバトにとっては絶好のミネラル補給日で、この日は中国から伝わった重陽の節句の日でした。

0899_110s

晴天の朝日を浴びて岩礁に下りるアオバト

0899_010s

波が静かな岩場に舞い降りたアオバト、打ち寄せる潮もないので岩礁の窪みには海水は溜まっていません

0899_122s

この照ヶ崎海岸ではこのようなを穏やかな波は初めて見ました、白い波が全く見られませんので、アオバトにとっては最高の安全日でした

0899_275s

また次の群れが岩礁に向かって飛んで来ました

0899_283s

波が全くと言うほどない静かな凪の岩礁に着地です

0899_329s

海水を飲んでエリザベスサンダースホームの森の方向に帰るアオバトです、平穏無事な飛翔です。

0899_344s

アオバトの飛来は7時~8時がピークと言われていますが、9時には撮影を終了して次の撮影地に移動しました。

| | コメント (0)

2008年9月11日 (木)

アオアシシギ/コアオアシシギ

鳥撮りを始めた頃からシギチは見分けが付かなく苦手な水鳥ですが、これを撮らないと目標に近づけませんので、鳥友のお力を借りて鳥名を聞いておりますがその場で忘却の彼方へ飛んでしまいます。今回も一週間前に撮影したものですが、この度も写真の整理をしながら鳥友に確認をお願いしてやっとブログにしました。

_dsc3819s

アオアシシギ、L35cm

_dsc3910s

アオアシシギ、図鑑では嘴は基部が青灰色で先は黒く、長くてやや上に反る、足は長く普通は緑青色だが黄色みの強いものもいる

_dsc3927s_2

コアオアシシギの群れ

_dsc3964s

青空にコアオアシシギの飛翔

_dsc4506s 

逆光の中でツルシギL30cmと一緒のコアオアシシギL24cm

_dsc4342s

_dsc4538s 

コアオアシシギの群れの一部、足は細長く黄緑色から黄色、嘴は黒く細くて真直ぐ

| | コメント (0)

2008年9月 9日 (火)

ツルシギとオグロシギ

板東太郎が近くを流れる休耕田のシギ二種です。S

逆光の中で採餌するツルシギです

_dsc4258s

どちらを向いても逆光です

S_2

順光のオグロシギです

_dsc4498s

コアオシギ?を追いかけるツルシギです

| | コメント (2)

2008年9月 8日 (月)

コウホネのカワセミ

ミソハギとカワセミのホバ狙いで今回も願いが叶わず!

_dsc5545s

カルガモとのフォーショット

_dsc5579s

次はDX版でスリーショット

_dsc5602s

水草のコウホネの止まり木で初めて撮ったワンショット

_dsc5650s

上の200mmから400mmに拡大してのワンショット

_dsc5662s

ここで一度も飛び込まず!今日もホバらず!どこかに消えていきました、またしても暗い気持ちの夕方ですangry

| | コメント (0)

2008年9月 7日 (日)

タマシギの華麗な舞い総集編

4年目にして初めてタマシギ♀のディスプレイが撮れましたので、前半は暑い盛夏と後半は雨天が続く一ヶ月間このタマシギ番の総集編です、8月8日には卵を♂に託していなくなった♀のディスプレイ、最後の番のランディブー、巣を守る♂、子育て中の♂のディスプレイなどを編集してみました。いつもブログの写真が多く重いと言われていますが本日はタマシギの子を思う気持ちが尚更重く感じられます。

0886_079s 早朝の華麗なディスプレイをたった一人のカメラマンにご披露です、♂は休耕田の畦道で見ていると思います

0886_114s

綺麗なお姉さんの朝のTV体操のようでした

0886_135s

5回もディスプレイを見せてくれましたが最後は右へ歩きながらでした

0886_358s_2

この日の番のランディブーです

08882_190s

その日の夕方に巣の前に現われたコサギに対して抱卵中の巣を守る♂です

0888_081s

二日後早朝の♀の最後のディスプレイです、またも独り占めで畦道の舞台で舞うタマシギを満喫しました

0888_117s

この日のディスプレイを最後に♀はここから見えなくなりました

088262_778s

雛は3羽孵りましたが、直ぐ一羽だけになりました、残った一羽を育てる♂です

088262_903s

水藻が張る前には♂はこのようなディスプレイを雛に見せていました

_dsc3112s 

八月末には休耕田は水藻が一面張り親の嘴と頭は餌獲りでもぐるので、嘴と顔・頭に藻がついて子育て中のタマシギ♂がユーモラスな中に、親子の愛情が感じられます。

| | コメント (2)

2008年9月 6日 (土)

ミソハギとカワセミ

ミソハギの花が咲いている内に、花の上か横でホバするカワセミを10日以上も狙っているが未だに大願成就せず、花の盛りは過ぎて行くばかりある。早朝は陽の光の関係でホバはしない、昨日は久し振りに早朝にミソハギとカワセミの写真が撮れて午前中ブログに間に合ったが、夕方は池面が光るのでホバる確率が高いと待機していたが、またもホバする事なく簡単に餌獲りしての採餌の場面だけであった。

_dsc4892s

飛び込みから戻って来たが広げた羽で獲物が見えない

_dsc4893s

嘴に小魚をしっかり咥えての着地体勢

_dsc4894s

着地直前

_dsc4896s

ミソハギを見ながらの着地

_dsc4899s カメラの方に向き直り

_dsc4902s 

この子は魚を叩く事をしない!一説によると親が事故で亡くなり魚を叩いて弱らせる事を教わっていないので叩けないそうです

_dsc4903s 

獲物の魚が小さいから叩く必要がないと思っていたが、この池の常連さんは流石に良く見ているもんだと感心しました

_dsc4905s 

この後に叩かずに飲み込んでしまいました、ミソハギは下の方から徐々に散り始め色褪せてきましたがカワセミは先月中旬から比べると黒かった腹の色が段々とオレンジ色が出てきましたがまだ若ものです。

禊萩色褪せて翡翠色づく

| | コメント (2)

2008年9月 5日 (金)

今朝の禊萩と翡翠

旧暦のお盆の頃に咲き仏前に供えられるのでボンバナ(盆花)と言われるミソハギが9月5日になっても、MFの菊名池ではまだ見られます。今朝はこの花の前の止まり木と浮島の縁に止まりました。

_dsc4546s

今朝の6:07にミソハギの前の止まり木にきましたが曇天でISOを上げてSSも上げてあります(FX版のノントリ)

_dsc4573s

いつも居るカルガモ達がいないので浮島の縁に止まりました、右端にいるのは金黒羽白です

_dsc4619s

浮島の縁から止まり木に戻りました(DX版ノントリです)

_dsc4727s_2

縦位置にして見ましたが小魚を咥えたカワセミがミソハギに埋没しました

_dsc4781s 

この止まり木で2度小魚を獲り後ろの桜の中に6:30に入りましたので終了しました。飛び物は全てSSが遅いのでブレブレでした。

ここの盆花はもしかするとお彼岸まで持つかも、そんな事はありえませんよね!

| | コメント (0)

2008年9月 4日 (木)

タマシギ♂の愛情の舞い

タマシギ♂が子育て中の休耕田がすっかり水藻の繁殖で緑一色になりましたが、草むらにいる雛に向かってタマシギ♂がディスプレイの舞いをしています。

088262_193s

子育て中のタマシギ♂が草陰にいる雛に向かっての水上の舞いのディスプレイです

088262_194s

雛に向かっての教育的?舞いです

088262_195s

たった一羽の雛に見せる父親の精一杯の演技にフアインダーから見ていて頭が下がる思いがしました

088262_196s

♀に見せた舞いよりも一生懸命のような気がしました

088262_199s

これがお仕舞いの舞いです、たった一羽になった雛に対する父親の愛情の籠もった舞いでした。カメラマンには草被れでも雛には特等席での見物と思われます。

| | コメント (2)

2008年9月 3日 (水)

父子玉鷸(おやこシギ)

  映画やTVドラマに過去に何回も上映された子母澤寛の小説、父子鷹(おやこだか)は剣術・洋学修行に励む若き日の勝麟太郎(のちの勝海舟)とその父で無頼漢もどきで知られた勝小吉の親子愛の物語であるが、今回はこの物語とは全く関係ないが、父親が一生懸命に子を育てる父子玉鷸です、これは葉月下旬の田園休耕田の物語です。088262_777s

子の後ろで元気良く空中に飛び上がるタマシギ♂です、休耕田の一番奥50mでの親が子に見せる演技です、今回は全てトリミングしてあります

088262_778s

♀が羽を開いた時と同じ姿勢を水上での披露です、前にいる雛は知ってか知らずか前に進みます

088262_780s

水中に着地です、雛は前を向いたまま直進です、緑一色の舞台でタマシギの水中舞いが目立ちます

088262_795s_2

今度は父親のディスプレイを勉強するように!とでも父子は向き合いました

088262_809s

正面を向いて雛の前でのディスプレです、雛は生みぱなしの母親のディスプレイは見たことはありません!

088262_810s

雛は親の舞いの下、舞の海は小兵でしたが子気味良い相撲ぷりが好きでした(そんなの関係ない・・・ハイ!そうでした!)

088262_814s

正面向きから雛の右に立ち羽を伸ばしました、これらの一連の動作は♀が居た8月上旬では見られなかった伸び伸びとした雛の教育訓練?の動作でしょうか

一昨日はホオジロカンムリツルを空振り(昨日で三日間も居ないそうです)昨日は地元の菊名池のミソカワ(禊萩の翡翠)に振られて二日間も写真が有りません。とうとう9月に入り鳥運に見放されたようです?

| | コメント (0)

2008年9月 2日 (火)

草被れのタマシギ父子

10m以内のFX版のノントリですが畦道の草が多く給餌するタマシギ親子には絶好の隠れ蓑でした。葉月下旬の写真です。

08825_237s

タマシギ♂に餌をねだる雛です

08825_291s

草被れで全てマニュアルです

08825_303s

どうしても親よりも小さい雛のピントが甘くなります

08825_308s

シャッター音で親がカメラの方に向きました

088262_038s 088262_041s

最後は奥の方に遠ざかっていきました

| | コメント (0)

2008年9月 1日 (月)

タマシギ♂の給餌

タマシギは雄が抱卵とその後の育雛はシングル・ファザーの役目となる野鳥の世界では一妻多夫の珍しい生態で、また雌の方が美しいのでも有名な水鳥です。今回は三羽の巣立ちが確認されましたが撮影を逃がしてしまい、二羽の雛がヘビにのまれたとか、偶に休耕田の上空に舞うチョウゲンボウにやられたとか、雨続きで気温が下がり脱落(巣立ちした後に親に付いてこられなかった)したとか、いろいろな説がありますが真相は藪の中ではなく、休耕田の雑草の中?のようです。この写真は8月25日に撮影。

08825_237s

早朝の畦道と田んぼの間の水路にタマシギ♂が雛一羽を連れての採食をしていました

08825_238s 雛にとっては大きすぎる水生昆虫?を獲り雛に与える直前です、お父さん餌チョウダイ!

08825_239s

10m以内のノントリですが残念ながら草被れの中の出来事でしたが、給餌の瞬間です、昆虫採餌を初めて撮れました。嘴を大きく開けて雛が催促しています。車の中に居たのでここまで近づいてくれました。休耕田の縁にいてカムフラジュ無しでは絶対に撮れないと思います。

088262_900s

088262_910s

同じ日に雛を連れて水場に出て来ました、翼の下に雛を庇護?しての舞いです

088262_924s

羽は雛に当たらないように左の方からたたみました、これは雛に対する教育のディスプレイなのでしょうか、♂の給餌と教育に頭が下がる思いがしました。

088262_944s

この後も雛を連れての水中散歩です、この日は午前中からカメラマンが増えたのでタマシギが近づいてくれないと思い昼前には帰宅しました。

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »