« 初撮り、アメリカウズラシギ | トップページ | 黄色い花とダイシャクシギ »

2008年9月19日 (金)

カルガモとシマアジ・エクリプスの共演

雌は周年地味な色をしているが、雄も秋の渡来時には地味な羽色になった「エクリプス」と呼ばれる状態で見られる(フィールドガイド・日本の野鳥)、夏羽が鮮やかに目立つ羽色のカモ類の成鳥雄は、繁殖期間の後期に羽毛を換羽し、雌と同じような地味な羽色になる。これをエクリプスと呼んでいる。日本に渡来したばかりの頃にも、まだこの地味な色合いの個体が多い。(山渓・日本の野鳥より)

野鳥撮影を始めた頃に地元神奈川で成鳥♂を撮ったことがあるが、白い大きな後頭部まで伸びた眉斑と白黒模様の肩羽、白い脇腹に黒い波の模様があって、今回のエクリプスと比べるとはるかに綺麗な♂でした。

08916_076s

08916_078s

カルガモ(L60cm)さんの前で軽々と青灰色の羽を広げたシマアジ(L38cm)のエクリプスです、羽を広げると大きく見えます。

08916_079s

羽を大きく広げてお腹を丸出し

08916_080s

次は羽を後ろに胸を突き出して、ボクは♂です。

08916_081s_2

羽をたたみ始める

08916_083s_2

羽を納める直前までカルガモがボクの尻尾を見ていました。

08916_084s

何事もなかったような様子で休耕田の中を前に進んでいきました、顔つきは地味な♀と同じようです。

神奈川県下・撮影日は9月16日、最初と最後はトリミング、ディスプレイはノントリです。

640×1.4倍テレコン+D300

|

« 初撮り、アメリカウズラシギ | トップページ | 黄色い花とダイシャクシギ »

シマアジ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初撮り、アメリカウズラシギ | トップページ | 黄色い花とダイシャクシギ »