« 憩いの水場でマヒワの群れ | トップページ | 落葉とキビタキ雌 »

2008年11月 2日 (日)

キビタキ雄若

避暑地の別荘地にある有名な泉の飲み場とその付近にまだいたキビタキですが雄若のようです、雌は若雌から成鳥雌まで3羽が確認されましたが、この♂は朝一回夕方一回の二回の訪問に対して♀は常時泉に来ていました、ここはキビタキ♀が仕切っているみたいな場所でした。

081030_001s

水場に降りる前にここで様子を窺っていました

081030_011s

水場に入り最初はおすましをしています

081030_016s

次は薄い橙色の喉元を見せてくれました

081030_278s

夕方二度目に来た時です、これが原寸です、赤い落ち葉をバックに晩秋のキビタキです

081030_280s

泉の付近の枯れ枝の上で

081030_293s

また移動しましたが、泉に入らずにここから飛び去りました、黄色味がまだ薄く背羽の黄色部分が大きいのでまだ若い雄のようでした。

« 憩いの水場でマヒワの群れ | トップページ | 落葉とキビタキ雌 »

キビタキ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 憩いの水場でマヒワの群れ | トップページ | 落葉とキビタキ雌 »

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ