« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月28日 (日)

初冬の知覧武家屋敷

本日で天璋院篤姫の総集編の放映も終わりますが、篤姫の今和泉家と縁のある知覧武家屋敷を初冬に観光してきました。ここは「日本の道100選」と「美しい日本の歴史的風土100選」にも選ばれている観光地です、一年前の昨年12月1日に近隣の頴娃(えい)町、川辺町と市町村合併して現在は鹿児島県南九州市知覧町です。

_dsc8883s

駐車場から武家屋敷への道筋のふもと川べりの公園は南国の紅葉が真っ盛りでした

_dsc8803s

ここは薩摩の小京都とも呼ばれているようです、武家屋敷通りで最初に写した案内図

_dsc8874s

逆光から撮った通り、外城と言われただけあって全ての武家屋敷は見事な石垣とその上に生垣があります、当日は大掛かりな生垣の剪定をしていました、全ての生垣が外から見ると角刈りでした、この生垣は中の庭から見ると山を表現しているように見えます

_dsc8828s

案内図④の一番広い佐多美舟邸の袖屋根を持つ立派な門、袖屋根を持つ家は本家であることを表しているそうです、門の中に見える石壁は中が直接見えないようにした琉球の庭園を取り入れているそうです、これは敵の侵入を防ぐ防備の役にもなっている。

_dsc8838s

案内図⑤の佐多民子邸庭園、作庭年代は江戸時代中期、巨石奇岩を積み重ねて深山幽谷の景色を表しているそうです、このような庭園が7箇所が見学できます

_dsc8809s_2

母ケ岳を望む庭の一隅に築山を設けて、中心部に大きな立石がそびえ、その下に多くの石組みを配して枯れ滝としている、庭園の剪定など手入れ中でしたが、この庭からの母ケ岳が一番見事でした

_dsc8815s 

人通りのいない真昼の本馬場通り(武家屋敷通り)石垣と生垣、右に母ケ岳

_dsc8885s

説明不足なので武家屋敷の案内板を写してきましたのでご覧願います。今回のブログは hatanoⅡさんの要望もありましたので追加しましたがカテゴリーは趣味となっています。

| | コメント (0)

2008年12月25日 (木)

葦原の小鳥たち

081216_021s

渡良瀬の木の枝越しの日の出です、600mmの撮影

081216_028s

堤の上に出た日の出、少し時間をおいての200mmの撮影です

_dsc6006s 

冬羽のオオジュリン

Dsc_5954s 

群れで葦原の中を飛び回っていました

Dsc_5940s 

葦の中から出てきません

_dsc6292s 

逆光の中に今度はモズです

_dsc6298s 

虫を追って地上に降りたモズ

_dsc5996s 葦の中を飛ぶカワラヒワ

Dsc_5962s 

葦の中からオオジュリンの飛び出し

冬の葦原にはいろいろな小鳥たちが春を待ち望んで生息しています、今回で今年の野鳥のブログは終了させて頂きます、目標の400種にあと130種でスタートした2008年でしたが、60種の初見初撮りでした、残り70種は来年以降に課題を残して本年は終了致します、この一年間ご愛読ありがとうございました

| | コメント (8)

2008年12月24日 (水)

葦原のホオジロ

ハイチュウの塒がある広大な葦原のホオジロです、ここでは日の出からミサゴの飛び込みを撮り、昼間は葦原にいる小鳥、夕方近くになるとハイチュウ狙いでそれぞれの撮影場所に移動です。

081216_006s

渡良瀬の日の出です、朝靄が掛かり葦原は霜で白くなり幻想的な日の出です、ここの早朝は日の出を撮影するカメラマンが野鳥撮影のカメラマンよりも多いようです、そんな風景を撮るカメラマンにチュウヒやハイイロチュウヒの出るポイントを聞いても答えは返ってきませんでした。

_dsc6019s

葦原のホオジロ

_dsc6028s

茎の中の虫を探しているように見えます

_dsc6060s

尾羽をチョットだけ見せてくれました

| | コメント (0)

2008年12月23日 (火)

タシギ

昨日のアオシギの次はタシギです、ここのタシギは昼寝の時間が長いので待ち時間も長くなります、しかも早朝の採食後にも直ぐ寝てしまうので朝寝という方が正しいのかもしれません

081218_002s

朝寝前の元気なタシギ、近くで撮れるので全てノントリです

0812192_066s目がパッチリでお目覚めの様子

0812192_080s

採食開始です

0812192_279s

今度は毛繕いの開始

0812192_305s

羽の中を見せてくれて

0812192_318s

最後は頭を掻いて・・・また昼寝かな~~~

| | コメント (0)

2008年12月22日 (月)

アオシギ

先日のコジュケイやクイナと同じ公園のアオシギです、この時は遠くでカラスに追われていなくなりました、翌日も葦の陰からなかなか出てきませんでした。運が良いと10m位の距離に出る日もあるようです。

081218_008s_2

ここに居ましたがこの場所からはあまり動きません

081218_035s

朝日の中で佇むアオシギ、ここで邪魔者のカラスに追われてこの日はお仕舞いでした

0812192_131s

翌日は葦の中から出てきません、手前のキジバトとの2ショット

0812192_212s

トリミングです

0812192_201s

向こう向きで羽を広げました

0812192_222s

この日はここから動かないので午前中で撤収しました

| | コメント (0)

2008年12月21日 (日)

暗いなクイナ

家から18kmの準MFのM公園、日の出直後に見られた薮の中から出て暗い場所で採餌しているクイナです。

081218119s

タイトル通り、暗いなクイナ! 640D3FX版

081218100s

少し陽があたった時

081218_081s

あまり見せない振り返り、640D3FX版

081218_090s

640D3DX版

081218_125s 

日が射して来た時、陽があたると顔の青灰色と嘴の赤味が出てきます、640D3DX版

| | コメント (0)

今日は冬至です

800年以上も歴史のある篠原八幡神社の氏子の末席に連らなれてもう30数年になる、毎年の初宮詣で子供や孫のお宮詣や七五三詣でもこの神社に御世話になってきた。今日は一年中で太陽高度が一番低い日にも関わらず、都会の中にあってもこの神社の鳥居から日の出が入り参道を一直線に進み神殿のご神鏡に太陽が入ると言われる日である。南瓜を食べ柚子湯に入る日であるが、未だに何故南瓜を食べるのか?何故柚子をお風呂に入れるのか、他の柑橘類ではダメなのか未だに解らない? 

081221_004s 日の出前に撮影した篠原八幡神社、中の照明が灯り正面ガラス戸が閉まっていた。

081221_026s

今日の日の出はカレンダーでは6:48となっていたが、雲があったせいで少し遅くなって6:58に日の出を確認した

081221_051s

注連縄の後ろに出た見事な日の出

081221_066s

七時七分に神殿のガラス戸に映った日の出と鳥居、この神社の冬至祭?は何故か毎年12月23日に氏子が集まって行うので、今朝の神社のご神鏡が確認出来なかった。

神社の案内板に各種祈願とあるので初詣には珍鳥撮影祈願をお願いしたいものである。

| | コメント (0)

篤姫も眺めた薩摩富士(開聞岳)

篤姫の出身地薩摩和泉からほど近い指宿市長崎鼻から撮影した師走の薩摩富士(開聞岳)です

_dsc8668s

野鳥の宝庫長崎鼻パーキングガーデンで撮影したジョウビタキですが、望遠レンズの故障でレンズが120mmしか持ち合わせがありませんので、最短に近づいても野鳥はこのサイズです、早々に諦めて薩摩富士の撮影に切り替えました。

_dsc8648s

長崎鼻パーキングガーデン駐車場から撮影した日の出直後の開聞岳です

_dsc8654s パーキングガーデンからの薩摩富士

_dsc8701s

竜宮伝説のある竜宮神社付近の団体記念撮影場所

_dsc8712s

ハイビスカスと薩摩富士

_dsc8734s

ここも記念撮影場所です、午前8時頃には薩摩富士に影が出ます

_dsc8758s

長崎鼻灯台付近からの薩摩富士

_dsc8767s

長崎鼻灯台から干潮の岩場を降りて100m位歩いて釣り人しかこない海海苔で滑る危険な磯から撮影した薩摩富士、これより先は海の上からの撮影になります、危険を冒してまで撮る魅力がこの薩摩富士にはありました、自分へのご褒美はここの名物、天然砂蒸し風呂で癒しの時間を持ちました。

_dsc8784s

最後は長崎鼻から車で20分の池田湖畔から撮影した菜の花と薩摩富士、師走にも関わらず菜の花が咲き始めていました。この後は知覧に寄り特攻隊平和会館と知覧の武家屋敷を観光して鹿児島空港までドライブを楽しみました。

| | コメント (0)

2008年12月20日 (土)

三羽のコジュケイ

三羽で始まる語句はどこでも何方でも三羽ガラスを思い浮かべるが世の習いですが、今日は昨日の三羽のコジュケイです。

0812191_136s

コジュケイの♂♀の見分け方は♂にある蹴爪で見分けるそうですが・・・♂♀がよくわかりません、三角の位置にいるコジュケイ、△関係?

0812191_150s

落葉の中では遠くからは保護色です

0812191_306s_2

青葉の中では目立ちます

0812191_316s

斜面に三羽で斜に構えました?

0812192_026s

そして離れ離れになって薮の中へ見えなくなりました、このブログも三年目を迎えて後半年で丸三年です、あと6ヶ月も先の話ですが、それまでは継続をしたいと思います。

| | コメント (0)

2008年12月19日 (金)

田んぼのコチョウゲンボウ

田圃のコチョウゲンボウです木の枝どまりは埼玉では撮ったことがありますが、田圃の土の上では珍しく晩秋の撮影でした。

_dsc7908s

_dsc7878s

_dsc7931s

_dsc7943s_2

 

コチョウゲンボウは目が大きいですね

| | コメント (0)

2008年12月18日 (木)

ミサゴのホバ

毎朝ミサゴが来る調節池です、先週は池の縁で5時間も待ちぼうけをくらいましたので、池の全体が見える順光の位置からの撮影です。

081215_037s

池の上を旋回開始です

081215_085s

ホバも開始です

081215_163s

081215_095s

時々急降下の姿勢をします

081215_145s

獲物の魚を見つけての急降下ですが、葦の陰になり捕まえた瞬間は写せませんでした

081215_154s

獲物を掴んで池の対岸を飛翔です、対岸で撮影しているカメラマンは自分の真横に来たミサゴが見えないようです、望遠レンズは飛び込んだ方向をまだ覗いています

081215_160s

いつも鉄塔魚を食べる鉄塔の方に飛んで行きました。

| | コメント (0)

2008年12月17日 (水)

夕陽のハイチュウ

ハイイロチュウヒの塒入りの時間が一週間前よりもかなり遅くなり、15日は4時15分頃であったが日没まで15-20分位前である。

081215_210s

カメラを構えている逆光の後ろから突然現われた

081215_260s 

夕陽を浴びての雄飛

081215_261s_2 

旋回しながらの塒の場所を探すこと3回、この三枚はカメラの中でトリミングしたものである。

081215_263s 

目撃したハイチュウも貴公子と言われるくらい綺麗であるが、この日は見事な夕日であった。

| | コメント (0)

2008年12月15日 (月)

鶴の群れ

今月2日の出水の東干拓ツル保護地区の夜明け直後の鶴の群れです、ここでは夜明け前の暗い内、6時半ごろから保護地域の田圃の農道にエサ播きを始めます。日の出前から西干拓の方面からもツルの群れが飛んできます。

_dsc5614s

日の出は七時十五分、まだ薄暗い七時半ごろの東干拓に集まってきたツルの群れです

_dsc5691s

7時40分頃の東干拓の様子です

_dsc5699s 

東の朝焼け空にツルの群れの飛翔

_dsc5724s 

明るくなりはじめた東の空をツルの群れです

_dsc5742s 

7時50分頃の朝日を浴びてのツルの飛翔

レンズはAF-S 24-120mmVR

| | コメント (2)

2008年12月14日 (日)

野鳥の群れ

暦も暮れなずむ今日この頃です、朝に今夜の篤姫の大河ドラマを意識して鹿児島県出水市の武家屋敷の観光写真を貼りましたが、野鳥のブログであることを思い出して日暮れに向かって暮れなずむこの時間帯に鶴の群れです。

08121_408s

マナヅルの鳴き合いも見られた鶴の群れです

08121_390s

ナベヅルの群れ

08121_651s

真ん中にグレー色のカナダヅルがいるナベヅルの群れ

08121_615s 

飛翔するナベヅルの群れ

08121_105s 

猛禽が現われたのか、 突然カモ類が飛び立ったツルの餌場の上空にカモの群れ、ツルは平然としていましたがカモ類は猛禽のカモになるのを嫌がりました。400mmを咄嗟に200mmで撮影したほんの一部です、実際にはこの何倍もの群れが飛んでいました、まさに大群です、この写真に写っているカモの種類と数を数えようと思いましたが日暮れになるので止めました。08121_102s 

上とは別のショットです

| | コメント (0)

出水の武家屋敷

大河ドラマの篤姫は今夜が最終回のようですが、篤姫のロケ地竹添邸や紅葉の綺麗な税所邸、話し好きのおばさんがおられる武宮邸などの出水市の武家屋敷を今月の初めに撮影して来ました。

_dsc5775s

税所邸は現在は公開されていませんが、このような武家屋敷群の案内があります

_dsc5773s

駐車場から生垣の向こうにある税所(さいしょ)邸の見事な紅葉、白いものは上の案内図が見えます。

_dsc5777s

篤姫のロケ地の竹添邸の門構え

_dsc5779s

邸内にあるロケ地の撮影現場の様子を紹介しておりました

_dsc5787s

_dsc5781s

話し好きのおばさんが住んでいる武宮邸の門構え、ここは築後140年と言われていました。ここの庭木も沢山の野鳥が出入りしていて見事な大木がありました。

_dsc5791s

伝統のあるひな祭りを展示している武家屋敷もありました

_dsc5795s

どこの武家屋敷の庭木も江戸時代からの面影を彷彿させます

| | コメント (0)

2008年12月13日 (土)

マガンとシジュウカラガンの異色コンビ

渡良瀬周辺は洪水対策と称する調節池が多いようであるが、この池も板倉川の北調節池です。

08129_132s

オオバンとカモ類の中にマガンとシジュウカラガンの異色のコンビがいつも一緒に泳いでいます

08129_121s 

マガンL72cm、シジュウカラガンL67cmはオオバンL39cmなどよりも大きいので悠々とコンビで泳いでいます

08129_149s 

コンビで羽繕いをしていました

08129_020s 

近寄ってきた時の写真です、右端にチョットだけマガンが入りました、この調節池は釣りが出来ないので、昨年の相模川に来たシジュウカラガンの様につり針を飲み込むような事故は起きない安全な場所と思われます。

08129_047s 

陸に上がって採食するマガン、先月の伊豆沼や蕪栗沼ではマガンの周りは全てマガンでしたので異色の光景に感じます

渡良瀬に通じる道路の池を二分する橋の上からのノントリの写真です、この日は渡良瀬に向かって右側にいました。

| | コメント (0)

2008年12月12日 (金)

ミサゴの狩飛翔

渡良瀬遊水地の新川で下流から上流またUターンして来て下流に来るミサゴの狩の様子です、川面も見ながらのひたむきに下向きで獲物の魚を探すミサゴの様子です。

_dsc6132s

青空もあるが白雲の方が多い朝の空、下流から飛んできてUターンします

_dsc6225s

新川の下流方面から飛んできてホバをします、バックが白い雲です

_dsc6157s

川面を探しながらの飛翔

_dsc6205s

川岸の木から飛び出したヒヨドリが前を飛んでいます

_dsc6211s

ヒヨドリを追い越しました、これが「鵯越え」でしょうか?

_dsc6218s

時々飛び込みのポーズをしますが途中でとりやめます

_dsc6236s

獲物を獲る前に中洲のもくさくの上にとまりました

_dsc6243s

近づいたら結局はこの冊の上から飛び立ち見失いました。翌日も7-12時まで第三遊水地で飛び込みを待ちましたが空振りでした。全てノントリです。

| | コメント (2)

2008年12月11日 (木)

雨天のハイチュウ

12月9日の遊水地は午前中は晴れでしたが午後二時半頃より天気予報通り雨が降り始めました、日没後の四時半頃からの降雨を期待していましたが予想より早い雨降りとなって残念でした、傘をさしながら撮影したボケボケの証拠写真です。

08129_450s

晴天の青空で撮りたいが・・・

08129_425s

こうゆう日に限って出が良い?

08129_435s

待っている時はなかなか塒入りしないが雨天では早い、一度に二羽の合焦点は不可です

08129_436s

どちらを追いかけるか、やはり近い方です

08129_473s

二羽のすれ違い!

08129_474s

すれ違いの瞬間です

常連の方は雨天で暗く帰られた後に4時前に出たハイチュウ♂二羽の乱舞の証拠写真の羅列でした、証拠写真はいずれもノントリです。

| | コメント (2)

2008年12月10日 (水)

ハイイロチュウヒ

神奈川から高速を使い130km2時間以上掛かる下野の国にある貯水池です、毎年ここに出かけますが良い写真がまだ一度も撮れていません、今回の塒入りの遠くて小さいハイチュウの証拠写真です。

08128_045s

08128_046s

08128_047s

08128_048s

今週の初めに撮ったハイチュウの塒入りです、塒の葦の上を下を見ながら飛翔するノントリの連続写真です

| | コメント (0)

2008年12月 9日 (火)

出水市内のツルの造形

出水のツルを撮影中に初日に4時間で望遠レンズが故障で、翌日は日の出とツルの撮影後は市内のツルに関する造形物やクレインセンターでは世界のツルの剥製を写真に撮ってきました。

_dsc5571s

開館前のツル観察センター

_dsc5568s

11月29日のツル羽数の調査結果があります

_dsc8378s

クレインセンターと進入路のツルの造形です

_dsc8375s

クレインセンターの世界のツル剥製、右端はウガンダのホオジロカンムリツルです

_dsc8454s

日本一の大鈴のある箱崎八幡神社の神馬の前にある出水に渡来する実物大のツル

_dsc8439s

箱崎八幡神社鳥居の脇にある金属製のツル

| | コメント (0)

2008年12月 8日 (月)

日の出とツルの大群

一月前には伊豆沼の日の出とマガンでしたが、日本一のツルの飛来地である出水の日の出とツルです。出水市の東干拓に上る日の出前に西干拓の塒から飛んでくるツルの大群です。東干拓では午前6時半頃から閉鎖していた農道の入り口を開けて軽四トラックで監視員が夜明け前の農道を走りエサを撒きに行きます、西干拓のエサ撒きは午前7時から7時半頃ですので、夜明け前はツルは西干拓方面から群れで東干拓に飛んできます。

_dsc5267s

日の出前に荒崎の西干拓から隊列を組んで飛翔するツルです、日の出前に東干拓ではエサ播きが始まりますので西の塒から飛んできます

_dsc5271s

東の山の上に日の出の気配です、南国の朝は遅く時に7時13分です

_dsc5333s

7:14分の日の出の開始です

_dsc5336s

7:14分

_dsc5345s

7:15

_dsc5478s

7:16

_dsc5564s

7:20

飛んでいるのはツルですが、迫力がないのは望遠レンズ故障で、24-120mmのレンズでの風景写真です。こんなに沢山のツルが夜明け前から餌場に飛んで来て、日の出にその最盛期を迎えます。

| | コメント (0)

2008年12月 7日 (日)

ナベヅル

ナベヅルとマナヅルの家族が一緒にいる所に人が近づくと先にナベヅルの方が先に逃げ出します、マナヅルの方が大きいのでおっとりしています。

08121_594s

画面左側がマナヅルの一家、右がマナヅルの親子、大きさの違いが分かります、ナベヅルL100cm、マナヅルL127cm

08121_339s

ナベヅルの家族左が幼鳥

08121_342s 

田圃の二番穂の中で佇むナベヅルの成鳥

08121_344s 

親鳥と同じ方向を見ていた幼鳥

08121_348s 

飛び出しの助走

08121_531s 

双鶴飛翔

08121_704s 参鶴飛翔

| | コメント (0)

2008年12月 6日 (土)

カナダヅル

出水のツル羽数調査は夜明けにネグラから飛び立つツルを一羽一羽数えて行う、現在は地元中学校のツルクラブの生徒達が羽数調査を行っているそうです、直近では11月29日第三回の調査が行われた結果がツル観察センターに表示されていました。ナベヅル8803羽、マナヅル1086羽、ソデグロヅル1羽、カナダヅル2羽、クロヅル5羽、ナベクロヅル(ナベツルとクロヅルの交雑種)1羽、合計9898羽(そのうち東干拓947羽)、12月3日の朝鹿児島のTVで2日に東干拓でツルがおびえているのを東干拓のツル観察所の係員が気づき原因を調べたら農道にイノシシが出ているのを発見したので、エサを撒く軽四トラックに3人が乗りイノシシを追い出している場面を見ました、このイノシシは気が荒いのか軽四に突進して来てバンパーに激突してから逃げて行きました、TV放送では傷ついたバンパーまで紹介していました。ツルを保護している地元ならではのTV放送でした。さて前置きが長くなりましたが今回は遠くのカナダヅルです。08121_051s

先日のソデグロヅルのいた農道の20m位右にナベヅルの中に1羽いました、真ん中の顔がハート形に赤く見えるのがカナダヅルです、両サイドはナベヅルです

08121_250s

なかなか正面を向いてくれませんが斜めになるとハート形が更に見えてきます

08121_541s

斜面を登って農道の上に羽を膨らませて移動するカナダヅルです、手前はボケマナヅルです08121_645s

日が照ると明るく撮れます、ナベヅルL100cmの中に一羽のカナダヅルL95cmです、ツル観察センターの展示物にはカナダヅルは北アメリカとシベリア東部極地で繁殖し世界中で50万羽以上いる一番数が多いツルです、日本には毎年1,2羽稀な冬鳥として記録される。

08121_650s 

左端のナベヅルと睨めっこ?カナダヅルはツルの仲間では一番小さいので餌場ではイジメニ合うようです

08121_669s

農道の方を向いての羽ばたきです、なかなか一羽で撮れませんでした。距離100m以上ですので写真は全てトリミングしてあります。日本では珍しいのでもっと近くで撮りたかったが、一万羽の中にいますので見つけるのも容易ではありません。

| | コメント (2)

2008年12月 5日 (金)

マナヅル一家

鹿児島県出水ツル観察センター前の田圃でソデグロヅルを撮影中に約60mの距離にいた真鶴の一家です、目の周囲は赤く頭部・喉・くびのうしろ側・くびの上部前側は白い、雨覆いは青灰色で風きりに近い部分と長く伸びた風きりは白っぽい。

08121_204s

右上後方にいるのがソデグロヅルL135cmよりは小さく、手前のマナヅルの一家の成鳥はL127cmで、ナベヅルL100cmよりは大きい

08121_222s

マナヅルは家族と一緒に行動している、成鳥♀は♂より少し小さい、幼鳥は頭の後ろと頸の後ろが褐色をおびている

08121_357s

別のマナヅル家族

08121_374s

もっと大きくな~れ!、手前はの後ろ向きはナベヅル

08121_629s_2

つがいの飛翔、カッコよく言えば「双鶴飛翔」、嘴に田圃で突付いた泥がついていますので採食直後の移動でしょうか

08121_039s

単独滑空

| | コメント (2)

2008年12月 4日 (木)

1羽のソデグロヅル

出水に数年ぶりに渡来したソデグロヅルです、一度見つけると沢山のツルの中で静止時は全体が白くここでは一番大きいので目立ちますが、ツル観察センターでどの辺いるのか事前に確認しないと見付けるのが難しいようです。12月1日午前11時ー午後3時に撮影したソデグロヅルです、距離約100mが一番近い距離でした。

08121_050s

 

農道から下の田圃に降りた時が一番近い距離でしたがこれでも田圃二枚の横からの距離は100mはあると思います、写真は全てトリミングしてあります

08121_035s

農道の上に出ました、股の下?にナベツヅルの頭が見えます

08121_074s

手前の農道と田圃を入れて見ました

08121_129s

こちらを向いていますが、遠いので赤い顔と嘴がよく見えません

08121_138s

横から見ると微かに赤い顔と淡い紅色の足が見える気がします

08121_145s

カラスと睨みあい?

08121_143s

最後はノントリです、400mm+1.4倍テレコン+D3

| | コメント (0)

2008年12月 3日 (水)

10年前に見て今回が初撮り

普通は初めて見る野鳥は撮れれば初見初撮りですが、このナベヅルは10年前に観ました、そして10年後の2008年12月1日に撮りました、何故か?それは10年前後の3年間にビジネスで出水市にあるN電気の鹿児島工場に年度方針説明会や賀詞交換会に毎回出席させて頂いておりましたので、ある年に会合の後で時間がある希望者にツル観察センターへ南国交通のバスで案内された記憶があります、田んぼにいるツルの大集団を初めて観て圧倒される思いと、その時に鍋の底のように黒いツルがナベヅルと説明を聞いた覚えがあります。

081212_028

曇り空に近い空をナベヅルの単機?飛翔です

081212_029 

上に上げた羽は下に下ろさないと浮力と推力が起きません

081212_030 

そして鳴きながら下に下ろします、仲間への合図なのでしょうか

081212_032 

また上に上げます、この繰り返しです、当たり前ですね、昔は当たりとまえ言えば前田のクラッカーでしたが・・・

旅先でのブログ作成は酔いが先に回り単純作業を選択する癖が抜けません。旅の恥はかき捨てよ!?

| | コメント (0)

2008年12月 2日 (火)

お立ち台のルリビタキ

昨日のカワセミと同じ日同じ午前中に撮ったルリビタキです、何方が作ったお立ち台かは分かりませんが、孫の写真撮影の練習には近くで撮れるので初心者には向いています

081129_083s

081129_087s

これがお立ち台です

081129_121s

お立ち台にエサがないと周囲の石の上にきます、こちらの方が自然体です

081129_126s

自然体はなかなか目線が合いません

081129_131s

近くの樹上からお立ち台の様子を窺うルリビタキ

081129_146s

木の枝にとまっているのが自然で一番です

081129_168s

遠くの石の上にもきました、シジュウガラが半分写っていますので、ニジュウガラ?

| | コメント (2)

2008年12月 1日 (月)

紅葉と翡翠の羽繕い

10日程前の鎌倉街道沿いの公園では山茶花の隣の楓はまだ紅葉が早かった感じでしたが、土曜日に孫と紅葉とカワセミの写真を撮りに行った時は、紅葉は盛りを過ぎていましたが、カワセミは20人近くのアマチュアカメラマンの前で飛び込みを行い魚を捕り紅葉をバックにした止まり木に戻ります。081129_239s

サザンカの宿ではなく止り木です、枯れ始めた紅葉を背景にカワセミです、たぶんここでの写真は大半がこのような構図と思います

081129_241s

ここの写真は殆ど同じ写真になります、そこで今回は動きがある写真を選びました

081129_245s

羽の内側の羽繕いです

081129_247s

終わると合図なのか嘴を開いています、鳴き声はシャッター音で聞こえません?

081129_288s

今度はレンズを最大にしてカワセミが羽の外側の羽繕いです

081129_289s

羽の内側よりも外側の方がカワセミの表情が豊かに思えます

081129_292s

これが外側の羽繕いのお仕舞いです、この様な仕草を5,6回していました。

現場では孫の様子を見ながら3,4人の顔見知りの鳥友と談笑しながら半日を過ごさせていただきました、ありがとうございました。ブログが開く頃は師走の空を駆け巡っています。

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »