« 頭上のトラツグミ | トップページ | トラツグミ »

2009年1月23日 (金)

トラちゃん川を渡る

森の落葉の中で二時間以上も尾羽を上下にリズミカルに動かし落葉の下のミミズを獲っていたトラツグミ君が森の斜面から公園の中を流れる小川の縁に来いました。

Dsc_2473s

森の斜面をミミズを探してゆっくりゆっくり小川の縁に下りてきました、水を飲むのか水浴びをするのかと期待を持たせましたが、どうやら浅い小川の中まで獲物を探しにきたようです、上の川面は木漏れ日で水面がひかり青い水草の傍にいるトラツグミが新鮮は感じがしました。

Dsc_2657s

そのまま小川を渡ると思ったら上流方向の石垣の下で餌探しを始めました、シダ類の青さと苔むした石垣の付近にはどんな獲物が潜んでいるのでしょうか

Dsc_2623s

苔むした石垣の下で白いエビのような小魚にも見える獲物にありつけました、トラツグミは森の落葉の中のミミズを採食しているものと思っていましたが、水中の獲物も啄ばむハンターでした

Dsc_2641s

獲物を食べた後は、暗い日陰から小川への第一歩です

Dsc_2686s

冬の渇水時期は浅いが普段は森の中で落葉の下を餌探しをしているトラちゃんにはこの浅い小川でも用心しながら対岸に渡り始めました

Dsc_2695s

更に川中を進みます、石の上に乗ることを期待しましたが、一度もこちらの期待と意志を無視しての虫探しです

Dsc_2703s

対岸に辿りつくとまたもや餌探しに没頭です、このまま下流の方向に餌探ししながら、落葉の斜面を登り、最後は遊歩道を散歩する人に驚いて飛び去りました、朝の9時半頃から約3時間もこのトラちゃんに付き合ってもらいました、落葉の中のミミズや草の実だけを採餌しているとの既成概念が打破された半日でした。距離は最短6mですが場面により写真は200-400mmのズームで調整してあるノントリです。

|

« 頭上のトラツグミ | トップページ | トラツグミ »

トラツグミ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 頭上のトラツグミ | トップページ | トラツグミ »