« 雪とマツボックリとアカゲラ | トップページ | 北の大地のフクロウ »

2009年2月22日 (日)

道東の思い出、タンチョウと餌のウグイ

タンチョウは古来から瑞鳥(めでたい鳥)と呼ばれていたそうですが、そのタンチョウを道東の釧路湿原に行ってからは早朝は鶴居村の音羽橋、その後は鶴見台経由伊藤サンクチュアリに寄ってから阿寒町のツルセンターに3日間連続で通いました、ツレセンターには魚(ウグイ)を撒く午後2時前の時間帯に行くのが常でした。三日間もタンチョウを追いかけるとは我ながらおめでたい話です。

Dsc_3320h_2

仲間のタンチョウやオジロワシなどを押しのけてゲットしたウグイを持て余すタンチョウです、自然界ではタンチョウが捕獲する魚はドジョウが主ですからこんな大きな魚をどのようにして食べるのか?

Dsc_3324j 

自慢げにゲットしたウグイを見せびらかし?

Dsc_3329k 

分け前をよこせと追いかける仲間から急ぎ足で逃げるのだ!

Dsc_3341e 

食べ始めるとまた頂戴よと仲間がきましたDsc_3356o、アオサギのように一気に飲み込めませんのでタンチョウはウグイを突いて細かくして食べます

邪魔入るとまたもウグイを持っての遁走です!

Dsc_3360w 

同じようなウグイを持ったタンチョウもいます、ウグイをゲット出来たのはほんの僅かなタンチョウです、撒かれたウグイの大半はオジロワシがタンチョウを押しのけて搔っ攫っていきます、食べる時もこんなに仲間が多くまたカラスもスキを狙っていますのでゆっくり食べる場所はなさそうです。給餌場でも生存競争が厳しい野鳥の世界ですが自然界には見られないタンチョウによるウグイの争奪戦です

|

« 雪とマツボックリとアカゲラ | トップページ | 北の大地のフクロウ »

タンチョウ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雪とマツボックリとアカゲラ | トップページ | 北の大地のフクロウ »