« ノハラツグミ | トップページ | ハチジョウツグミ »

2009年3月13日 (金)

木の上のノハラツグミ

野原鶫は野原を餌探しで歩きまわるとかピヨンピョンと跳ね歩くだけではなく犬が近ずくなど危険が迫れば木にとまるのはやはり普通の野鳥と同じですがこのノハラツグミは木に止まる確率は非常に低いと感じました。Dsc_01331

この写真は遠征初日の木止まりでしたが、昼間でも暗いところに居たので色が出ません、ISO1600の写真ですが、鳴いていたので掲載しました。

Dsc_06011 

椿と木の間の狭い空間に向う向きに止まり、日が背羽の方向から入る木とまりです

Dsc_10211 

下の散歩道からここにとまりました、これが木とまりらしい初めての写真です

Dsc_10181 

正面向き

Dsc_10731 

いつの間にか水浴びした後の羽つくろいです、葦とまりは木とまりと言えるのか?この鳥は地べたが多いのでこれでも木とまりにしました

Dsc_10881_2 

水浴び後の羽つくろいの続きです

Dsc_11591 

次に木に止まったのがこの樹です,新葉の中に隠れるようにとまっている中でも全身が見えるカットです

Dsc_11961 

飛び出しの瞬間を狙っていましたがブレボケでした。

|

« ノハラツグミ | トップページ | ハチジョウツグミ »

ノハラツグミ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ノハラツグミ | トップページ | ハチジョウツグミ »