« エゾフクロウのひな | トップページ | 丹頂鶴の幼鳥 »

2009年6月 4日 (木)

キマユツメナガセキレイ

今日も旅の途中です、芝桜見物の前にキマユツメナガセキレイのいる原生花園によりましたが、この鳥さんが好きな背の高い花はまだ開花はしていませんが、緑の中に黄色い色が映えていました。

0471

営巣中なのか姿はあまり見かけません、まだ開花前の花にとまる

0541

一年間の風雪に耐えた昨年の枯れ花にとまる

0741 

6月3日は測量の日に日本最北端の宗谷岬で間宮林蔵の前で記念写真を撮る本来の目的地は稚内から350km5時間かけてきたがシバサクラは終焉を迎えていた、花の真っ盛りは5月25日頃のようです。満開を過ぎて姥桜のためか入場料500円が300円に値下げです、今度の日曜日が最終日のようです。

通っている歯科の先生から奥歯に虫歯があるよ!簡単だからね!と先週末言われた、これって虫の知らせかな?旅行があるからと言って無視、と言ってもムヤ(68)みに断れないので6月8日に延期した事を虫歯予防デーに思い出す。

|

« エゾフクロウのひな | トップページ | 丹頂鶴の幼鳥 »

キマユツメナガセキレイ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エゾフクロウのひな | トップページ | 丹頂鶴の幼鳥 »