« ハマナスの花とノゴマ | トップページ | サクランボとコムクドリ »

2009年7月12日 (日)

今朝のツミ

子を思う親とは字にも表われています、親と言う漢字はの上にってていると書きますが、今朝もツミの幼鳥が三羽が一緒に水浴びに来ましたが、人には見えませんがきっとツミの親は松の木などの上でカラスの襲撃などから守るように、猛禽の鋭き目つきでまるで監視カメラの役目をするかのように幼鳥達の様子を見ていると思います。

0381

今朝は最初に600mmとD300をセットした為にツミの大きさが想像以上に大きくなり慌ててカメラをフルサイズのD3に交換するチョンボが幕開けになりました、手前にもう一羽が水浴びをしていますが石の陰にいました。

0031

カメラ交換後の一番遠い位置の水浴びです、今朝も水面に周りの木々の緑が水面に映えていました。

0051

水浴び入る前です

0151

チョット縁石の陰になりましたが気持ち良さそうに水浴びの開始です

0511

水浴びの交代のようです

0661 

一番手前の方で水浴びの開始です0711

水が弾けています、気持ちよさそうですね!

1041 

目の前の木の上に来ました、羽を広げての水浴び後の寛ぎです。木の上に立って見ているのは親と言う漢字ですが、この子は見られている幼鳥です。

今日は北海道シリーズのブログを休もうかと思いましたが夕方になるとPCの前にいました、今朝の撮りたてのツミ幼鳥の水浴びをブログにしました。

|

« ハマナスの花とノゴマ | トップページ | サクランボとコムクドリ »

ツミ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハマナスの花とノゴマ | トップページ | サクランボとコムクドリ »