« 大口をあけるツミ幼鳥 | トップページ | コヨシキリ »

2009年7月22日 (水)

流氷岬の野鳥たち

0141

流氷岬の日の出です、北の大地から見たオオーツクの海からの日の出は雲がかかっていました、6月下旬のこの日は3:44分にはオホーツクの海から太陽が頭を出して写真は日の出直後の3:49には既に海からは出ていました。この時期は北の日の出は早いですね!流氷観光船ガリンコ号で有名なMisaki11_2紋別市の観光名所となっている 流氷岬の名前通りの写真です。3月下旬流氷が北の海に帰るまで見られるそうです。

0461

ハマナスとベニマシコです

0691

チョット遠いベニマシコの囀りです

0181

ベニマシコの飛び出し

5502

ハッチーとノゴマ、うまそうだが刺されると嫌だな!ノゴマの独り言。

5722

センダイハギの前でオジュリン♂の飛び出し

3761

蜘蛛の巣が張るシシウドの花を日傘にしているオオジュリン♀

|

« 大口をあけるツミ幼鳥 | トップページ | コヨシキリ »

ノゴマ」カテゴリの記事

ベニマシコ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

皆既日食には、動物や鳥が異常な行動を取ると言われてましたが、さて、どうだったのでしょうか?夜中にカラスが群れて泣きわめいていましたし、毎晩鳴くフクロウや毎朝鳴く鳩は静まりかえってました…

投稿: オオルリ | 2009年7月22日 (水) 15:10

オオルリさんは自然がいっぱいの環境に住まわれていますので、自然界の反応を身近に感じられてうらやましいと思います。都会の喧騒の中では体験出来ないことです、皆既日食中継のTVを見ていたら池袋サンシャインのペンギンが日食が始まったら目を瞑る仕草をTV画面で見ましたが、自然現象なのか、偶然なのか、やらせなのか、どれなのか分りませんでした penguin

投稿: ken | 2009年7月23日 (木) 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大口をあけるツミ幼鳥 | トップページ | コヨシキリ »