« ミサゴ | トップページ | 水場に来たジョウビタキ »

2009年10月31日 (土)

ピラカンサスにくる野鳥

ピラカンサスの真っ赤な実に来た野鳥たちです、神無月も今日が晦日ですが歳をとると時の過ぎ行く流れを余計に早く感じます、それも日の出が六時過ぎになり秋の夕暮れは釣る瓶落としといわれるように黄昏が早くそして五時には暮れて行きます。今月はブログのカレンダーを見ると9日と29日が抜けていました、9と29をサボった理由を思い出せませんが、10月9日は道(10)具(9)の語呂合わせから道具の日でした、また全国学習塾協会はこの日を塾(10と9)の日としています。10月29日は世界脳卒中デーでした、脳卒中問題への関心を高めるための活動の日です、とら(10)ふぐ(29)の日と言われてもピンときませんね。そして今日は南瓜の仮面やおばけのハローウインですがOBや社友には米国赴任経験者が大勢いますので彼らの子弟にはハローウインは思い出深い行事であったようです。明日からもう霜月です、霜が降りた寒い朝にはサクサクと霜を踏みながら野鳥撮影が始まります。

091020_016s

モズがピラカンサスの赤い実を啄ばんでいました

091020_107s

ピラカンサスの前ボケにジョウビタキ♂が目立ちません、ピラカンサスに同化したジョウビタキです、三脚を移動するスペースがないほど遊歩道はカメラマンで混雑していました。

091020_131s

キジバトのつがいもきました

091020_024s

ピラカンサスの実を見たのか、猛禽の様子を見たのか?ピラカンサスの止まり木はやはり絵になりました。

0910202_059s

ピラカンサスの木の下、調節池のふちでセイタカアワダチソウに時々カワセミが止まります、ピラカンサス以外の変わったところに止まると意外にもドキドキします。出来れば枯れた方よりも黄色い方がカメラマンの望みですがカワセミが「それは高望みだよ!」「カワセミの勝手でしょう!」

|

« ミサゴ | トップページ | 水場に来たジョウビタキ »

ジョウビタキ」カテゴリの記事

モズ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

造園工事の監督の仕事をしてて、よくピラカンの実を鳥がついばんでいるのを見ておりましたが、他のホームページではあまりこの木が食餌木として紹介されていないので、意外でした。
仕事上どのような鳥が食べるのか、はっきり知る必要があったので、大変勉強になりました。

投稿: ウラタ リュウイチ | 2011年10月20日 (木) 19:07

ウラタ様
古い記事にコメントをありがとうございます
昨年と今年はピラカンサスの撮影には行っていませんがそれまでは毎年このピラカンサスから池に飛び込むカワセミが狙いでした。モズやキジバト、ヒヨドリが赤い実を食べに来るのはカワセミを待つ間に撮影した写真です。ピラカンサスにムクドリやツグミの大群が押し寄せると赤い実が一晩で無くなると聞いたことも有ります。
お仕事の参考になり光栄です。

投稿: ken | 2011年10月21日 (金) 07:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミサゴ | トップページ | 水場に来たジョウビタキ »