« 吉野ヶ里遺跡の鳥 | トップページ | ツンドラ隼 »

2009年12月16日 (水)

大宰府天満宮の鷽(ウソ)

九州縦断の最終目的地は来年高校進学受験する孫のために大宰府天満宮に合格祈願のお札を授かりに行きました、現役時代に過去に二度観光でお参りしていますがそのうちの一度は今でも懇意にさせていただいている当時の福岡支店長のAさんです、その時は飛梅と牛と麒麟は記憶がありますが鳥の鷽は初めて認識しましたがこれも野鳥撮影を趣味にしているお陰です、鷽が天満宮の神事の鳥であったとはお陰様で知識が広がりました。

2261

ここが受付、巫女姿の若いお嬢さんに孫の住所・氏名・高校受験などを記入して初穂料5000円を添えてお願して本殿左の受け付けに記入した用紙を持って順番を待つ

2231

本殿に昇殿して約20分間脚が痺れましたが孫のためにこれも修行です

2181 太宰府天満宮といえばこの御神木の飛び梅です、千有余年経った今日でも菅原道真の歌碑の通り健在です

2201_2 

学問の神様菅原道真と言えば京都をたつ時に詠まれた歌です。

東風吹かば

においおこせよ梅の花

あるじなしとて春なわすれそ

2341 

御神牛、丑年生まれの菅原道真が葬られた場所で牛車が一歩も動かなくなり、その地に後に太宰府天満宮が建ったと言われています

2052 

麒麟ビール発祥の麒麟像、長崎のグラバー邸で有名なグラバー氏が友人の設立したビール会社を引き受けた時に麒麟ビールに名前を変えたのが今のキリンビールになったとエピソードがあります、グラバー氏はこの麒麟像が好きだったようです、気のせいかキリンビールのラベルにそっくりです。

2082 

銅製鷽、鷽(ウソ)は天神様のお使いの鳥と言われているそうです。学問の学と鷽が似ていることからも学問の神様の鳥となったとか、道真公が蜂に襲われた時に鷽が助けたとか諸説があるようです。

2092 

石像の鷽、1月7日のうそ替え神事は一年間に知らずについた嘘やどうしてもつかなければならなかった嘘を清算し、ご神前で天神様の誠心に変えて幸運を戴く神事、凶事を嘘にして幸運に替える神事、悪しき事を嘘にして吉にトリ(鳥)替えて一年の幸福を願うなど諸説があるようです。

2331 

野鳥は時節柄話題のハトしか見えません、政権交代後の最近の鳩はなんとなく元気がないように見えます、背を向けているカエル?はどなたを象徴しているのでしょうか、そんな事をカンガエルよりも横浜に無事カエル事にして合格祈願の御神符を孫に届けるために天神様を後にしたのはもう三日も前の事です。

|

« 吉野ヶ里遺跡の鳥 | トップページ | ツンドラ隼 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 吉野ヶ里遺跡の鳥 | トップページ | ツンドラ隼 »