« コウライアイサの番い | トップページ | 川蝉と山猿 »

2010年2月 6日 (土)

ミサゴに睨まれる!

大きな魚を持ったミサゴに睨まれました、しかも頭上を二回も回り飛び去りました、普通は魚を捕ったらそのままカメラマンには脇目も振らず飛び去るものですが、何故か2回もミサゴとのにらめっこをするとは全く思いがけない事です。写真は咄嗟にに撮った逆光の中での証拠写真です。これが青空の中で順光で撮れたら最高でした!

0302 ファインダーの中では気が付かなかったが黒い写真を補正すると魚を持っていました。

0312 此方を睨めつけているようでした!

0361 そして頭上を通過、枠からはみ出したが足に魚を持っている真下から撮った証拠写真。

0371 ノントリの真下をもう1枚!

0442 そして二周目、これ見よがしに大きな魚を持って二度目にまた睨まれました、トリム。

0461 かなり大きい魚です、鯉のように思いました、もっと近くに来い!ノントリ。

0471 これが睨めっこの最後のノントリです。この後は頭上を通過して森の中に消えて行きました。それにしても二回も頭上を回り魚を見せびらかすかのようにしてのカメラ目線、正に睨めっこの状態を体験しました。

|

« コウライアイサの番い | トップページ | 川蝉と山猿 »

ミサゴ」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ケンさん、こんばんは。
ミサゴすごい場面を、しかもノントリの近さ、すばらしい絵ですね。
絵を大きくしてみると、本当にカメラマンをにらみつけていますね、スゴイ。ミサゴに何か悪いことでも・・?。

投稿: mike | 2010年2月 6日 (土) 16:18

mikeさん
こんばんは
車の中にいたのでミサゴの狩りと木どまりの様子は見ていませんが車のドアーを開けた途端にピィーと一声聞こえて近くの止まり木から飛び立ったミサゴが頭上で睨みながら二周しました、カメラマンは自分一人なのでミサゴの食事を邪魔?したのかも?

投稿: ken | 2010年2月 6日 (土) 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コウライアイサの番い | トップページ | 川蝉と山猿 »