« 蝦夷赤啄木鳥 | トップページ | 流氷のオジロワシ »

2010年3月17日 (水)

チョウゲンボウに春が来た!

人工物に巣作り名人のチョウゲンボウ、昨年は大阪知事と同じ名前の橋下に3つがいが橋下アパートで子作り競争をしていましたが、タカ類のなかで集団繁殖するのはチョウゲンボウくらい、今年も同じ処に来てくれました。昨年と同じように交尾の場所(木の枝)を決めているつがいです。

0222 チョウゲンボウ♀が交尾の枝に止まり、そわそわしているように見えましたが・・・・

0332 チョウゲンボウ♂はその手前の枝がお気に入りの場所です

0902 暫くすると♀の止まり木近くに♂が来ました

0962 だが交尾をすることなく飛び去りました、初日の撮影はここで終了して帰宅

0281 

翌日は♀がこの枝に来るまで朝から二時間待ちでした、♀が枝に止まる直後に交尾の態勢になると手前の止まり木にいた♂がいきなり飛び出して♀に向かいます、写真の右下に飛んでいく一部が入りました

0312 前日と異なりいきなり♀の上に飛んできました

0382 

交尾の態勢にもよりますが雄よりも雌がかなり大きく見えます、雄L30cm、雌L33cm

0402 この後♂は巣の方向に飛び去りました、朝の交尾は無事に終了です。これで安心して現場を離脱して次の撮影地に向かいました、カメラマンは3人でした。

|

« 蝦夷赤啄木鳥 | トップページ | 流氷のオジロワシ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蝦夷赤啄木鳥 | トップページ | 流氷のオジロワシ »