« ヤツガシラの採餌 | トップページ | チョウゲンボウに春が来た! »

2010年3月16日 (火)

蝦夷赤啄木鳥

最近は北海道の写真と関東近在の撮影を一日おきに交互にブログを書いています、今日は北の大地にいたアカゲラの亜種エゾアカゲラ♂です、鶴居村の給餌場に来るタンチョウの赤い頭頂がモノクロの景色に映えると同じように、雪景色の中で後頭と下腹の赤色がいっそう鮮やかに見えました、撮影地は日本野鳥の会の鶴居・伊藤サンクチュアリの敷地内にある脂身をつけた松の木の付近です、ここでタンチョウの飛来を待つ間の内職で撮りました。

3152 亜種エゾアカゲラ、L24cm

3322 喉の下に少しバフ色があるが顔と腹の白さは純白に近い、下腹は鮮やかな赤色

3332 顎線は耳羽後方からの線とつながり

3132_2 顎線は胸に向かって延びている、嘴と足は黒い、上面の白斑も真っ白

2952 

餌の少ない冬季は金網の中にある脂身の松の木で待つとキツツキの♂も♀も脂身をツツキに来ます。アカゲラが来ると先に来ていたスズメやハシブトガラなどは一斉に逃げていきます。

|

« ヤツガシラの採餌 | トップページ | チョウゲンボウに春が来た! »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヤツガシラの採餌 | トップページ | チョウゲンボウに春が来た! »