« 大瑠璃と天道虫 | トップページ | ハチジョウツグミ »

2010年4月30日 (金)

クロツグミのペリット

今朝の新聞を見たらトキが最後の卵捨てる、が34面で目に入りました新潟県佐渡島市で産卵し、雛誕生が期待されていたトキのペアが3個の卵を抱いていたが22日と26日に卵を捨てたが、29日最後に残っていた卵を雌が巣の外に捨てたそうです。自然界で34年ぶりとなる孵化が期待されていたので残念です。クロツグミがペリットを捨てる(正確には吐き出す)場面の証拠写真です。猛禽類は採食した後に消化しない毛・骨・歯などをペリットに吐き出し、良く見られるカワセミは魚の骨や鱗を未消化物として白いペリットを吐き出しますが、落ち葉を掻き分けてミミズや昆虫の幼虫などを捕食するクロツグミの未消化物はよく分かりません。

0511 最初に思い切り大口を開けた瞬間、連続5枚のショットです。

0521 なにも出ません

0531 次に嘴が開いた時に白いものが見えました、これがペリットの証拠写真です

0541 ペリットがロケットのように吐き出された瞬間は撮れていませんでした、残念!このような場合はD3で11枚/秒ならば撮れていたかも?

0551 三度目の大口は何もありません、どうやらこれでペリット吐き出しは終わったようです

0601 ペリット吐き出しの後は水場の石の上です

0701 そして水浴びの始まり、期待を抱かせた大袈裟なタイトルはこれで水に流してください!

|

« 大瑠璃と天道虫 | トップページ | ハチジョウツグミ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大瑠璃と天道虫 | トップページ | ハチジョウツグミ »