« 青葉・若葉のサシバ | トップページ | 鶆鳩の狩飛翔 »

2010年4月10日 (土)

ハヤブサ雄の飛翔

今週久し振りに撮影したハヤブサの飛翔です。ハヤブサの飛翔は翼の先が他のタカ類のように指状に開かず、先が尖っている翼で飛翔。図鑑によればL雄42cm雌49cmW84~120cm,頭上から後頭は黒色、背・翼・尾は暗青灰色、尾には黒帯がある、頬には特徴のひげ状の黒斑が目立つ、下面は白くて黒色横斑が蜜にある。翼下面には白地に黒色横斑がある。春休みが終わりホットするまもなく土日になると小2になった孫がどこかに出掛けようとお誘いが掛かるが、このハヤブサの場所は磯を渡るので大人でも危険な場所があり、連れて行くことは出来ない海岸の崖の上で営巣している。

2811 新しい雌との交尾の貢物(備蓄品)の肉塊を持って雌のいる崖に向かう雄の飛翔

2851 肉塊の貢物を咥えての新しい若い雌との交尾に行く雄の飛翔

3501 早いはばたきと短い滑翔を交互にして獲物を捕りにお出かけ

556急降下から 営巣の付近を猛スピードで通過、この態勢の時はカメラに捉えるのが一番難しい

5931午前中雌のいる方向を見ながら 余裕の飛翔

6041 営巣地の周囲で着地前の飛翔

|

« 青葉・若葉のサシバ | トップページ | 鶆鳩の狩飛翔 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青葉・若葉のサシバ | トップページ | 鶆鳩の狩飛翔 »