« 晴天のイソヒヨドリ | トップページ | カイツブリの抱卵 »

2010年4月18日 (日)

2羽のイソヒヨドリ雄

今朝で4日間野鳥撮影を休んでいます、天気が良くてもよほどの珍鳥でも出なければ基本的には土日は休みですが、学校が休みなので孫にせがまれて出掛けることもありますが、今日はお泊りに来ていませんので休みです。昨日のイソヒヨドリの続きです、撮影した晴天の日に雄が二羽いましたが一画面に二羽のイソヒヨドリは初撮りでした。話は替わりますが今月初旬に貼ったハヤブサ雌の世代交代で先日地元のAさんからご親切なアドバイスを頂きました、あの時はどうも立場が違うようでした、一度追い出されたエノコが逆襲に転じていたようです、今では元の鞘に戻り古巣で交尾までしていたそうです、生き物の世界の話ですから本日現在はどうのように変化しているのか現場に行かなければ知る由もありません。

1430 右側の羽先に白い部分が少し残るイソヒヨドリの方が威勢が良い

1571 右側の攻勢にたじたじ、宮本武蔵ではありませんが太陽を背にした方が有利です。

0470 日陰の岩場の隙間で餌探し

0860 陽にあたると鮮やかな赤褐色、相手の様子を伺う態勢

1800 手旗信号のような形

2121 

威嚇の姿勢?雄が二羽いると動きが違います

2310 

崖の上を目指して飛び出し、縄張り争いなのか?

|

« 晴天のイソヒヨドリ | トップページ | カイツブリの抱卵 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 晴天のイソヒヨドリ | トップページ | カイツブリの抱卵 »