« 日本の国鳥・雉 | トップページ | 春爛漫の翡翠 »

2010年4月 3日 (土)

水辺とブッシュのキジ雌

早朝の水辺の葦原に佇むキジの雌です、桜満開の4月は新入学・新入社・昇進・転勤などの恒例行事とともに新しい試みも始まります、戦前からローソクで世界的に有名な、カメヤマローソクの亀山市、2004年からは液晶のシャープ亀山工場が稼動して、世界の亀山モデル・AQUOSの大工場がある三重県亀山市、今年度から連休分散の試験実施で4月30日を休みにして7連休をつくる。4月から新年度の企業の年間休日は年末までに既に決定されているのでシャープの従業員にはあまり関係なさそうな連休分散、一方に於いては4月から廃止されるものに、濃霧や吹雪で視界が悪い時に「ブォー、ブォー」と霧笛を鳴らし、航海の道しるべとなってきた霧笛信号所5ヶ所が3月31日に廃止された、二月末に霧の中で探鳥していた時に聞こえた北海道・根室市・納沙布岬の霧信号所もそのうちの一つである。霧の中で聞こえた「ブォー、ブォー」が今でも思い出される、これも時の流れ、消えていくものに哀愁を想う、文学や映画・歌などで哀愁を帯びた音風景が消えていく。レーダーやGPSが無かった時代は濃霧の時には海上安全の無敵を誇った霧笛も時代の流れに幕を閉じた。今日は昨日の続きで無言のキジ雌である。

0011 最初は水鳥のクイナなどが居るのかと思いましたが、このような湿地にキジがいるとは思いもよりませんでした。

0091 今度は右向き

0201 フクロウのように尾と顔が全くこちら向きです、これを尾顔とでも言うのでしょうか

0752 この姿勢になるまで8分間も上の状態でした、後方でキジ♂の鳴き声が聞こえるのでこれで撮影を中止

2382

キジ♂を撮影中にブッシュにいたキジ♀を発見、米国のブッシュ前大統領も任期後半は人気がありませんでした、ゴルフでブッシュに打ち込んだ時はどうしょうもありません、キジ♀を撮影するのにブッシュ被りで8回撮って1回くらいの割りで顔が出ました、本当にブッシュは厄介です。

2612 いくら待ってもブッシュから出てきません

2762 キジ♂と違い♀は警戒心が強くブッシュの中から出てくることもなく撮影を終了した。野草の小さい花が咲いていたのがブッシュのキジに花を添えた。

|

« 日本の国鳥・雉 | トップページ | 春爛漫の翡翠 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の国鳥・雉 | トップページ | 春爛漫の翡翠 »