« 巣材運びのツミ新雌 | トップページ | 青葉と木蔦アメリカ虫喰 »

2010年4月15日 (木)

新芽とツミ

今日はツミの顔が見えない写真が多い罪作りな記事です、昨日の14日は一日月の新月でした、新月は月が見えません、明日は三日月ですが雨や曇りでは見えません、丸々見える満月は28日になります、新顔のツミ♀が新芽の出てきた木で、新米のような交尾をしましたが後尾からの撮影で顔を写せませんが尾が交わっていたのでこれが本当の交尾です、月が見えない日に顔が見えません、折角のシャッターチャンスにつきがありません。交尾の後は食事です、食事の後は新造の巣作りです、新造と言えば江戸時代に武家や商家の大店は新造船に乗って嫁入りしたのでお嫁さんをご新造さんと呼んだそです、最後の写真は新造の巣作りに励むツミ♀です。

0100_2 新顔のツミ♀が新芽の傍にとまり、ここで♂を呼ぶ鳴き声、ピョーウピョウピョウピョウの早口の鳴き声、♂からの小鳥のプレゼントを掴んでいますが見えません

0130_2いつものように食事の前に♀が腰を上げると顔が見えませんが、そこえ左から♂が飛んできます

0180_2 ♀が食事の前に交尾の態勢に入ります

0200_2 新米♀の交尾を新芽が隠すように象徴的ですが顔を見せない子作りはツミつくりです。尾が交わって交尾が始まります、顔の見えない交尾は子作りの創造力ではなく想像力を働かして見て下さい。

0570 交尾の後は場所を杉に移動しての♀の食事です、上を見上げての手持ち撮影は疲れるだけでなく花粉症には辛い時間がスギます

0690 交尾の後は食事がうまそうです、この日も全てを完食です。

130食後直ぐに 働きものの新顔♀は新造の巣作りに小枝を咥えて運びます。全て手持ち400mm+D300のノントリです。

初めての日は土曜日にも関わらずカメラマンは3人でしたが昨日は平日にも関わらずお名前の分かる顔見知りの鳥友5人を含めて15人でした。これで今月のツミの撮影は終了します。

|

« 巣材運びのツミ新雌 | トップページ | 青葉と木蔦アメリカ虫喰 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 巣材運びのツミ新雌 | トップページ | 青葉と木蔦アメリカ虫喰 »