« 雉 | トップページ | 青い鳥の小瑠璃 »

2010年5月22日 (土)

赤腹と懸巣

時の経つのは早いもので、もう先週になりましたが表の桧舞台ではコマドリ・コルリ・キビタキなどがお立ち台のたんぱく質で食欲を満たしている時に180度反対側の裏舞台の砂防ダムの周りでは自然食を採食するアカハラとカケスがいました。地上を素早く走ったり、ピョンピョン跳び歩き落ち葉をひっくり返してミミズや昆虫を採食するアカハラと樹上でドングリなどの木の実を採食したり、冬には木の隙間などにドングリなどを貯蔵する知恵があり、また警戒心の強いカケスの接点はよく分かりませんが、もしかするとカケスは隠したドングリを捜しにきたのかも、この2羽が裏舞台での主役でした、当然の事ながら裏舞台を撮る人も少なくまた出演時間と出演者(鳥ですが)が不定期の公演でした。

4891

5880

5900

5910

0581

0611

0681

|

« 雉 | トップページ | 青い鳥の小瑠璃 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雉 | トップページ | 青い鳥の小瑠璃 »